ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

SEO

「keyword surfer」の使い方-データの見方と表示アイコンの解説

こんにちは、専業ブロガーの孔雀です。

この記事では、Google Chromeの拡張機能「keyword surfer」の使い方(データの見方と表示アイコンの説明)について解説していきたいと思います。

この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いています。

この記事を読むべき人

  • 「keyword surfer」のデータの見方を知りたい人
  • 「keyword surfer」の表示アイコンの意味について知りたい人
  • 「keyword surfer」の基本的な使い方や見方を知りたい人

先日、私は以下のようなツイートをしました。

今回は、Google Chromeの拡張機能「keyword surfer」の基本的な使い方と、データの見方や表示アイコンの意味について解説していきたいと思います。

この記事を読むことで、「keyword surfer」の使い方や見方がすべてわかるようになります。

スポンサーリンク

「keyword surfer」の使い方の手順を徹底解説

「keyword surfer」はGoogle Chromeの拡張機能なので、一度インストールしてしまえばChromeブラウザからGoogleの検索エンジンを開いた時に自動的に機能が働きます。

「keyword surfer」のインストール方法

「keyword surfer」のインストール方法と初期設定については、下記の記事に詳しく載せています。

これからインストールしようとしている方は、こちらの記事を参考にしてもらえればと思います。

検索窓部分の見方と表示アイコンの説明

まずは、Google検索エンジンの検索窓部分の見方と表示アイコンの説明です。

検索窓にキーワードを打ち込んで検索すると、国旗アイコンとドルアイコンの横に数字が表示されます。

「keyword surfer」の使い方1:検索窓部分の見方と表示アイコンの説明

これらの数字は、それぞれ以下の意味を表しています。

①月間検索ボリューム数・・・8,100回
②平均クリック単価・・・0.92ドル

要するに、「アフィリエイト ブログ」というキーワードは、月間8,100回検索されているという意味です。

②の平均クリック単価とは、Googleキーワードプランナーのリスティング広告に使われる、1クリック当たりの広告費のおおよその価格です。

0.92とは、このキーワードでの1クリック当たりの単価が0.92ドルということです。

検索結果ページ部分の見方と表示アイコンの説明

続いて、検索結果ページに表示されている見方と表示アイコンの説明です。

検索結果ページには、以下の画像のように「虫眼鏡アイコン」「本アイコン」「鍵アイコン」の3つが表示されているのが確認できると思います。

「keyword surfer」の使い方2:検索結果ページ部分の見方と表示アイコンの説明

それぞれのアイコンの意味は以下の通りです。

  • 虫眼鏡アイコン・・・ドメイン全体の月間PV数(※記事単体の月間PV数ではない)
  • 本アイコン・・・記事に使われている単語数
  • 鍵アイコン・・・記事内で使われている検索キーワードの数
  • ※N/Aは取得できない時に表示される

    この数字を確認することで、上位表示させるために必要なドメインの強さ、文字数などの目安がわかります。

    スポンサーリンク



    Keywords ideas部分の見方と表示アイコンの説明

    続いて、ページの横に表示される「Keywords ideas部分」の見方と表示アイコンの説明です。

    ここに表示されているのは、検索キーワードに関連するキーワードがリスト化されます。

    「keyword surfer」の使い方3:Keywords ideas部分の見方と表示アイコンの説明

    それぞれの数字で表示した箇所の説明は、以下のようになります。

    ①②:「Similarity」「Volume」

    関連キーワードの横に表示される2つの項目の意味は以下の通りです。

    ①Similarity・・・検索キーワードからの関連度の割合
    ②Volume・・・月間検索ボリューム数

    ④:関連キーワードの表示数の変更

    ④をクリックすることで、表示数を変更することができます。

    変更できるのは、「2」、「5」、「10」、「20」の4つから設定可能です。

    「20」に設定すると、以下の画像のように関連キーワードが20個分表示されるようになります。

    「keyword surfer」の使い方3:Keywords ideas部分の見方と表示アイコンの説明

    ③:「Clipboard」

    「Clipboard」は、関連キーワードと月間検索ボリューム数をCSVファイルとしてエクスポートする機能です。

    取得したい関連キーワードの横にある星アイコンをクリックすることでClipboard(クリックボード)に保存されます。

    例えば、すべての関連キーワードをCSVファイルとして取得したい場合には、表示されている星アイコンをすべてクリックします。(クリックしたものは黒く塗られます。)

    ここ「keyword surfer」の使い方3:Keywords ideas部分の見方と表示アイコンの説明

    星アイコンをすべてクリックしたら、「Clipboard」をクリックし、設定アイコン(下の画像参照)をクリックします。

    「keyword surfer」の使い方3:Keywords ideas部分の見方と表示アイコンの説明

    Export as CSV」をクリックすると、CSVファイルが自動的にエクスポートされます。

    「keyword surfer」の使い方3:Keywords ideas部分の見方と表示アイコンの説明

    エクスポートしたCSVファイルをそのままエクセルで開こうとすると文字化けが起こるので、その対処法を説明します。

    一度、ファイルをメモ帳で開いてから文字コードを「ANSI」に変更してからエクセルで開くと文字化けしなくなります。

    手順は以下の通りです。

    文字化け解消方法

    ①:ダウンロードしたファイル⇒「右クリック」⇒「プログラムを開く」⇒「メモ帳」をクリック。
    ②:メモ帳で開いた後に「名前を付けて保存」⇒「文字コード」を「ANSI」に変更して「保存
    ③:保存したファイルをエクセルで開く

    Correlation charts部分の見方と表示アイコンの説明

    続いて、ページの横に表示される「Keywords ideas部分」の下にある「Correlation charts部分」の見方と表示アイコンの説明です。

    これは、検索結果ページの1位から9位までの「ドメイン全体の月間PV数」「記事に使われている単語数」「記事内で使われている検索したキーワードの数」をグラフ化したものです。

    「keyword surfer」の使い方4:Correlation charts部分の見方と表示アイコンの説明

    それぞれの表示アイコンや数値の意味は以下のような感じです。

    ①~③の項目をクリックすることで、それぞれの数字を元にグラフが切り替わります。

    ①Ttaffic・・・ドメイン全体の月間PV数
    ②Words・・・記事に使われている単語数
    ③Keyword・・・記事内で使われている検索キーワードの数
    ④の各数字・・・1位~9位

    まとめ:「keyword surfer」の使い方-データの見方と表示アイコンの解説

    今回は、Google Chromeの拡張機能「keyword surfer」の使い方(データの見方と表示アイコンの説明)について解説してみました。

    Google Chromeの拡張機能「keyword surfer」は、月間検索ボリューム数を無料で確認できるツールなので、Chromeユーザーならぜひ入れておきたい拡張機能です。

    関連記事

    最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
    人気ブログランキングへ
    • この記事を書いた人

    孔雀

    2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。

    -SEO
    -

    © 2020 孔雀イズム