ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ作成

WordPressの<head>タグはどこにある?タグ内にコードを挿入する方法

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、WordPressの<head>タグ内にコードを挿入する方法について解説してみたいと思います。

この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いています。

この記事を読むべき人

  • WordPressの<head>タグはどこにあるのかについて知りたい人
  • WordPressの<head>タグ内にコードを挿入する方法について知りたい人

サイトやブログを運営していると、必ずといっていいほど覚えなければいけないのが<head>タグ内へのコード挿入。

代表的なものは、Googleのアナリティクスやアドセンスの審査用コードなどですね。

今回は、WordPressの<head>タグの場所と、<head>タグ内にコードを挿入する方法について解説していきます。

この記事を読むことで、WordPressの<head>タグ内にコードを挿入することができるようになります。

スポンサーリンク

WordPressの<head>タグはどこにある?

WordPressの<head>タグの場所は、「header.php」ファイル内にあります。

「header.php」ファイルは、以下の手順で開けます。

外観」⇒「テーマエディター」⇒「テーマヘッダー(header.php)

AFFINGER5のテーマの場合

左のメニューにある「外観」⇒「テーマエディター」をクリックします。

WordPressの<head>タグはどこにある?

右にある「テーマヘッダー(header.php)」をクリックします。

WordPressの<head>タグはどこにある?

header.phpがない?

WordPressで使っているテーマ(テンプレート)によって表示名が異なりますが、「header.php」と書かれているファイルです。

そして、子テーマを使用している方は「header.php」のファイルが表示されないので、必ず親テーマを選択してください。

「header.php」部分の構成は、大まかに以下のような作りになっています。

WordPressの<head>タグはどこにある?

よく見ていくと、<head>と</head>のタグが見つかるはずです。

WordPressの<head>タグはどこにある?
スポンサーリンク



WordPressの<head>タグ内にコードを挿入するには?

<head>タグ内にコードを挿入する時は、<head>から</head>までの間に挿入します。

なので、</head>の真上に挿入するのが一番わかりやすいかと思います。

WordPressの<head>タグはどこにある?

</head>タグを見つけたら、以下の画像のようにその真上に貼り付ければOKです。

空欄や改行は認識されないので、一行空けて挿入しても問題ないです。

WordPressの<head>タグはどこにある?

挿入したら、ページ下にある「ファイルを更新」をクリックすれば完了です。

WordPressの<head>タグはどこにある?

まとめ:WordPressの<head>はどこにある?タグ内にコードを挿入する方法

今回は、WordPressの<head>タグ内にコードを挿入する方法について解説してみました。

もう一度まとめると、WordPressで<head>タグが記述されているのは、「header.php」というファイルです。

「header.php」ファイルは、以下の手順で開けます。

※AFFINGER5のテーマの場合

外観」⇒「テーマエディター」⇒「テーマヘッダー(header.php)

<head>タグ内にコードを挿入する場合は、</head>のタグの真上に挿入するのがわかりやすいです。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ
  • この記事を書いた人

孔雀

2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。

-ブログ作成

© 2020 孔雀イズム