ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

WordPress アフィリエイトの始め方 レンタルサーバー

[初心者におすすめ]WordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバーまとめ

更新日:

こんにちは、孔雀です。

この記事では、初心者が選ぶべきWordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバーを紹介していきたいと思います。

はじめてWordPressを運営する方にとって、「WordPressをうまく設置できるのだろうか?」という不安があると思います。

本来、WordPressは公式サイトからソフトをダウンロードし、FTPでサーバーにアップロードする必要があり、初心者にとってはやや複雑な手順を踏まなければいけません。

しかし、最近ではWordPress自動インストール機能が付いているレンタルサーバーが多くなり、わざわざ公式サイトからソフトをダウンロードしなくても、簡単にWordPressを設置できるようになりました。

今回は、WordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバーの紹介と、初心者が選ぶべきポイントや注意点について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

初心者におすすめしたいWordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバー4選

これから紹介するレンタルサーバーなら、基本どれを選んでもWordPressを自動でインストールすることができます。

今回は、その中でも私がおすすめしたい順に紹介していきたいと思います。

1位:エックスサーバー

エックスサーバー

私が実際に使用しているレンタルサーバー、そして知名度の大きさと利用者の多さを考慮しておすすめの1位にしました。

他のレンタルサーバーと比べて料金が高めの印象を受けますが、サーバー容量、高速、安定はやはりトップクラスと言えます。

(⇒「エックスサーバーの解説ページ」)

おすすめポイント
  • 大量のアクセスに強い
  • サーバーの高速化、安定性への取り組みが早い
  • 自動バックアップ機能付き

2位:mixhost

mixhost

最近、私自身が注目しているレンタルサーバーで、次に契約しようと思っているのが、このmixhostです。

高機能のわりに低価格を実現しているところがすばらしく、初心者でも手が付けやすいレンタルサーバーです。

おすすめポイント
  • 高機能で低価格
  • マルチドメイン・MySQLともに無制限
  • 自動バックアップ機能付き

3位:さくらのサーバー

さくらのサーバー

WordPressを20個(MySQL20個)作成できるスタンダードプラン(月額515円)は、5つのレンタルサーバーの中で最も低価格になります。

ちなみに、月額129円のライトプランではWordPressの作成ができないので、必ずスタンダードプラン以上のプランに申し込む必要があります。

おすすめポイント
  • プランが豊富
  • スタンダードプラン(月額515円)ならWordPressを20個作成できる
  • 自動バックアップ機能付き

4位:ロリポップ

ロリポップ""

月額500円のスタンダードプランなら、WordPressを30個(MySQL30個)作成することが可能。

ちなみに、月額250円のライトプランでは、1つのWordPressしか作成できないので、できればスタンダードプラン以上に申し込むのがベストです。

ただし、バックアップ機能が有料オプション(月額300円)になってしまいます。

(⇒「ロリポップの解説ページ」)

おすすめポイント
  • プランが豊富
  • スタンダードプラン(月額500円)ならWordPressを30個作成できる
  • 初心者にわかりやすいサイトデザイン

WordPress自動インストール機能付きレンタルサーバーを選ぶ時の注意点

下の表は、私が初心者におすすめしたい、WordPress自動インストール機能が付いているレンタルサーバーのサービス内容を比較したものです。

WordPress自動インストール機能付きレンタルサーバーを選ぶ時の注意点

※各レンタルサーバー会社でWordPress自動インストール機能が付いている最も安いプランを表示しています。

現在、WordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバーは多いですが、月額料金が安いからという基準だけで選んでしまうと後から失敗します。

なぜなら、レンタルサーバーによってドメインの違うWordPressブログを何個まで運営できるのか、どのくらいの規模、またはアクセス数に耐えられるのか、といったサーバースペックがバラバラだからです。

初めてレンタルサーバーを選ぶ時に見ておきたいポイントは、以下の通りです。

見ておきたいポイント
  • サーバー容量
  • MySQL数
  • マルチドメイン数
  • 無料独自SSL設定機能

それぞれのポイントを具体的に解説していきます。

サーバー容量

サーバー容量は、どのくらいの規模のブログが運営できるのかを表す指標になります。

容量が多ければ多いほど、ブログの記事数を増やすことができます。

例えば、私が契約しているエックスサーバーのサーバー容量は現在以下のような感じです。

サーバー容量

約700記事(画像付きの記事多め)で、だいたい14GB使用してる状況なので、一番サーバー容量の少ない50GBでも約2,000記事以上は余裕で入れられる計算になります。

MySQL数

MySQL数は、WordPressを作成するのに使われるデータベースの数です。

WordPressを1つ作成するのに使われるデータベースの数は1つなので、MySQL数100個のレンタルサーバーなら100個のWordPressを作成することができます。

マルチドメイン数

マルチドメイン数は、1つのサーバー内で管理できるドメイン数になります。

マルチドメイン数が50個のレンタルサーバーなら、ドメインの違うサイト(ブログ)を50個管理できるということです。

無制限なら、ドメインの違うサイト(ブログ)をいくつでも管理できます。

注意
例えば、上の表のロリポップのプランだと、マルチドメイン数が50個になっていますが、MySQL数は1つしか作れないのでWordPressは1つしか作成できません。

無料独自SSL設定機能

無料独自SSL設定機能は、ドメインを無料でSSL化(HTTPS化)してくれる機能です。

SSL化(HTTPS化)は、ブラウザとサーバ間の通信を暗号化してセキュリティ強化を図るもの。

従来は、有料で3ヶ月に1度の証明書発行が必要でしたが、今ではレンタルサーバー側で無料で設定できるところが増えてきました。

近年、SSL化が当たり前になってきているので、取得したドメインを簡単にSSL化できるのはありがたい機能です。

例えば、エックスサーバーでSSL化する場合は、以下の記事に書いてあるように簡単に設定することができます。

エックスサーバーでSSL設定(https化)する手順を解説

まとめ

今回は、WordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバーの紹介と、初心者が選ぶべきポイントや注意点について解説してみました。

私がおすすめしたい、WordPress自動インストール機能付きのレンタルサーバーは、以下の4つです。

おすすめレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • mixhost
  • さくらのサーバー
  • ロリポップ

そして、初心者が選ぶ時に見ておくべきポイントは、以下の4つです。

見ておきたいポイント
  • サーバー容量
  • MySQL数
  • マルチドメイン数
  • 無料独自SSL設定機能

これから運営しようしているWordPressの数、規模に応じて適切なレンタルサーバーを選ぶようにしてください。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

-WordPress, アフィリエイトの始め方, レンタルサーバー
-

Copyright© アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。