ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ内検索

雑記

iPhoneの機能を使って画面をブルーライトカットに設定する方法

こんにちは、専業ブロガーの孔雀です。

この記事では、iPhoneの機能を使って、iPhoneの画面をブルーライトカットに設定する方法について解説していきたいと思います。

この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いています。

この記事を読むべき人

  • iPhoneの画面をブルーライトカットに設定したい人
  • 保護フィルムを使わずにiPhoneの画面をブルーライトカットにしたい人

先日、私は以下のようなツイートをしました。

専用のメガネや保護フィルムをわざわざ購入しなくても、iPhoneの画面をブルーライトカットにする方法があります。

それは、iPhoneにもともと装備されている「Night Shift」という機能を使う方法です。

これによって、iPhoneの画面をブルーライトカットにすることが可能です。

今回は、iPhoneの機能「Night Shift」を使って、iPhoneの画面をブルーライトカットに設定する手順を解説していきたいと思います。

この記事を読むことで、わざわざお金をかけて専用のメガネや保護フィルムを購入しなくても、iPhoneの画面をブルーライトカットに設定することができるようになります。

ちなみに、PCのモニターをブルーライトカットにする設定方法については、下記の記事をご覧ください。


スポンサーリンク

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順は、以下の通りです。

①「設定」をタップ
②「画面表示と明るさ」をタップ
③「Night Shift」をタップ
④「手動で明日まで有効にする」をタップ

画像を使いながら詳しく解説していきます。

①「設定」をタップ

iPhoneの設定アイコンをタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順

②「画面表示と明るさ」をタップ

画面表示と明るさ」をタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順

③「Night Shift」をタップ

Night Shift」をタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順

④「手動で明日まで有効にする」をタップ

手動で明日まで有効にする」をタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順

これで、iPhoneの画面がブルーライトカットに設定されます。

ただし、これだと翌日になるとブルーライトカットが勝手に解除されてしまうので、常時ブルーライトカット状態にさせておくには起動させる時間を指定しておく必要があります。

次に、その設定方法を解説していきます。

スポンサーリンク



iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

時間を指定してその時間内だけ「Night Shift」を起動させる(ブルーライトカットにする)設定を解説します。

「設定」をタップ

iPhoneの設定アイコンをタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

「画面表示と明るさ」をタップ

画面表示と明るさ」をタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

「Night Shift」をタップ

Night Shift」をタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

「時間指定」をオン

時間指定」をタップして、「オン」に切り替えます。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

「開始終了」をタップ

開始終了」をタップします。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

「オンにする時刻」「オフにする時刻」を指定

カスタムスケジュール」にチェックが入っていることを確認して、「オンにする時刻」「オフにする時刻」をそれぞれ指定します。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの時間を指定する設定

上記の場合だと、AM7時に「Night Shift」が起動して、AM4時に「Night Shift」が解除される設定です。

なので、朝の4時から7時までの3時間はブルーライトカットがされていない状態になるということですね。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの強さを設定する方法

ブルーライトカットの強さを設定するには、「Night Shift」の設定画面の「色温度」で行います。

iPhoneの機能「Night Shift」のブルーライトカットの強さを設定する方法

冷たく」「暖かく」のどちらかにスライドさせることで、ブルーライトカットの強弱を設定できます。

ちなみに、「冷たく」にスライドさせるとブルーライトカットの「」、「暖かく」にスライドさせるとブルーライトカットの「」になります。

まとめ

今回は、iPhoneの機能を使って画面をブルーライトカットに設定する方法について解説してみました。

iPhoneに装備されている「Night Shift」という機能を使えば、わざわざブルーライトカット専用のメガネや保護フィルムを購入しなくてもブルーライトカットが可能です。

iPhoneの機能「Night Shift」を使ってブルーライトカットに設定する手順は、以下の通りです。

①「設定」をタップ
②「画面表示と明るさ」をタップ
③「Night Shift」をタップ
④「手動で明日まで有効にする」をタップ

その他、ブルーライトカットを起動させる時間を設定したり、ブルーライトカットの強弱を設定したりすることも可能です。

なので、もともと装備されているiPhoneの「Night Shift」という機能を使ってブルーライトカットすることをおすすめします。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ
  • この記事を書いた人

孔雀

ハンドルネーム:孔雀 2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。 孔雀のブログ「専業アフィリエイター孔雀のつぶやき」ではプライベートな情報も発信中です。

-雑記

© 2020 孔雀イズム