ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ内検索

SEO

アフィリエイト記事に選定したキーワードの正しい入れ方(配置方法)とは?

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、アフィリエイト記事に選定したキーワードの正しい入れ方(配置)について解説してみたいと思います。

この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いています。

この記事を読むべき人

  • 選定したキーワードをアフィリエイト記事内にどう入れていけばいいのかについて知りたい人
  • 選定したキーワードをアフィリエイト記事本文中にどう反映させていけばいいのかについて知りたい人

キーワード選定はしたものの、そのキーワードを具体的にどのように記事内に入れていけばいいのか?についてわからない方も多いと思います。

選定したキーワードは記事内の適切な箇所に配置していかなければ、どんなに読みやすい記事を書いたとしてもSEO効果は期待できません。

今回は、SEO効果を最大限に発揮するためのキーワードの入れ方(配置)について解説していきます。

この記事を読むことで、アフィリエイト記事に選定したキーワードの正しい入れ方(配置)について知ることができます。

ちなみに、正しいキーワード選定について詳しく知りたい方は、下記の記事が参考になります。


スポンサーリンク

アフィリエイト記事に選定したキーワードの入れ方(配置方法)

アフィリエイト記事のキーワード選定が決まったら、以下の4つの箇所に選定したキーワードを入れていくとSEO効果が期待できます。

①記事タイトル
②ディスクリプション
③Hタグ
④記事本文

これが、選定したキーワードの正しい入れ方(配置方法)の基本となる部分なので、必ず意識するようにしたほうがいいです。

今回は、「ハピタス 楽天アプリ(検索ボリューム1,000)」というキーワードで現在2位にいる私の記事「ハピタスと楽天アプリを併用してポイントを3重取りする方法を解説」をモデルにして解説してみたいと思います。

アフィリエイト記事に選定したキーワードの入れ方(配置方法)

想定としては、「ハピタス 楽天アプリ」というキーワードを選定して記事内に入れていくという方法で解説していきます。

記事タイトル

記事タイトルとは、記事名として表示される部分ですね。

今回は、「ハピタス 楽天アプリ」というキーワードを選定しているので、記事タイトルには以下の部分にキーワードを入れています

記事タイトル

ハピタス楽天アプリを併用してポイントを3重取りする方法を解説

キーワードはなるべく左側に寄せるような配置にすると、読者にも検索エンジンにもキーワードが認識されやすいかと思います。

ただ、左側に寄せることでタイトル文が不自然になるような場合には無理に左側に配置する必要はないです。

このあたりは、読者の読みやすさを優先させたほうがいいですね。

そして、タイトル内で使用するキーワードは複数使用せずに1回までとします。

間違っても以下のように、選定したキーワードを2回使用したりしないことです。

間違った記事タイトル

ハピタス楽天アプリを併用してハピタスポイントを3重取りする方法を解説

ポイント

  • キーワードは複数使用しない
  • なるべく左寄りに配置する
  • ディスクリプション

    ディスクリプションとは、記事の内容を伝えるための概要文のようなものです。

    検索結果ページの記事タイトルの下に表示されるものですね。

    アフィリエイト記事に選定したキーワードの入れ方(配置方法)

    ※ディスクリプションの設定は、「All in One SEO Pack」というプラグインを使うと、記事編集画面に「ディスクリプション」の入力欄が表示されるようになります。

    ディスクリプションの設定は、下記の部分に入力することで反映されます。

    アフィリエイト記事に選定したキーワードの入れ方(配置方法)

    今回は、「ハピタス 楽天アプリ」というキーワードを選定しているので、ディスクリプションには以下の部分にキーワードを入れています

    ディスクリプション

    こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。この記事では、ハピタス楽天アプリを併用してポイントを3重取りするやり方について解説していきます。普段、楽天市場でネットショッピングをしている方は、そのまま楽天市場で買い物をしてしまうとポイント獲得できるチャンスを大きく逃していることになります。

    私の場合、記事本文が自動的にディスクリプションとして挿入されるように設定していますが、本来は記事の内容を端的に伝える文章を自分で入力したほうがいいです。

    必ずディスクリプション内に選定したキーワードが入るようにします。

    ポイント

  • キーワードは複数使用してもOK(2回まで)
  • Hタグ

    Hタグとは見出し部分ですね。

    Hタグは、基本的にH1タグからH6タグまで設定可能ですが、ブログ記事内で使うのはせいぜいH3タグまででしょう。

    このHタグに設定した見出しにも選定したキーワート「ハピタス 楽天アプリ」を意図的に入れていきます。

    見本となる記事の見出し構成で見ると、以下のような感じですね。

    アフィリエイト記事に選定したキーワードの入れ方(配置方法)

    ちなみに、WordPressの場合だとH1タグは自動的に記事タイトル名が設定されるので、H1タグの設定についてはノータッチでOKです。

    個人的な肌感覚ですが、H2タグに入ったキーワードが一番検索エンジンに認識されやすいと思います。

    なので、H2タグ内にキーワードを入れるのは特に意識したほうがいいですね。

    H3タグは無理にキーワードを入れなくても大丈夫な印象です。

    見出しに関しても、なるべくキーワードを左側に寄せるような配置にすると読者にも検索エンジンにも認識されやすいかと思います。

    ただし、あくまでも不自然な見出しにならない程度に配置するのが理想です。

    ポイント

  • 1つの見出しにキーワードは複数使用しない
  • 特にH2タグ内にキーワードを入れることを意識する
  • 記事本文

    記事本文内で使うキーワードはあまり意識しなくても大丈夫です。

    これも私の肌感覚ですが、記事タイトル名、ディスクリプション、Hタグ(見出し)にキーワードを入れておけば、検索エンジンはその時点で記事で選定したキーワードをしっかりと認識してくれると考えているからです。

    それに、選定したキーワードできちんと記事を書いていけば、本文中で使用するキーワードも自然に増えていくと思います。

    なので、記事本文内でキーワードを意識して書くよりも、いかに読者にわかりやすいように伝えられるかを意識したほうがいいですね。

    ポイント

  • キーワードを意識するよりも読者に伝えることを意識する
  • スポンサーリンク



    まとめ:アフィリエイト記事に選定したキーワードの正しい入れ方(配置方法)とは?

    今回は、アフィリエイト記事に選定したキーワードの正しい入れ方(配置)について解説してみました。

    選定したキーワードは記事内の適切な箇所に配置していかなければ、どんなに読みやすい記事を書いたとしてもSEO効果は期待できないです。

    なので、選定したキーワードは必ず記事内の適切な箇所に入れるように意識していきましょう!

    関連記事

    最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
    人気ブログランキングへ
    • この記事を書いた人

    孔雀

    ハンドルネーム:孔雀 2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。 孔雀のブログ「専業アフィリエイター孔雀のつぶやき」ではプライベートな情報も発信中です。

    -SEO

    © 2020 孔雀イズム