ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

SEO

キーワード選定方法-アフィリエイト記事でうまく集客させるためのコツ

こんにちは、孔雀です。

この記事では、アフィリエイトでうまく集客させるためのキーワード選定方法について解説していきたいと思います。

「アフィリエイトをはじめてみたけど、稼げないからやめた!」

という方のほとんどは、このキーワード選定の理解が不足しているためだと考えられます。

ブログで記事を書いていく場合、まずはじめにその記事のテーマとなるキーワード選定をしていくことから始めていきます。

今回は、ブログの集客に欠かせないキーワード選定のコツについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

記事を書く前に行うキーワード選定とは?

キーワード選定とは?

・記事の内容を検索エンジンに認識してもらうために、記事内で使うキーワードを適切に設定すること。

ユーザーのほとんどは、検索エンジンにキーワードを打ち込んでブログ記事に訪れてきます。

検索エンジンは、そのキーワードを元にして適切なブログ記事を上位表示させる仕組みになっています。

なので、記事内で使うキーワードを設定することで、集客したいユーザーを意図的に絞り込めるようになります。

つまり、「商品の販売ページを探している人」「商品の口コミを知りたい人」「商品の使い方を知りたい人」など、キーワード選定によって集客したいターゲット層を細かく分類して、集客できるようになるということです。

これが、記事を書く前に行う”キーワード選定”の極意です。

キーワード選定で集客したいターゲット層を絞り込む

ブログで記事を書いていく場合、まずはじめにその記事のテーマとなるキーワードを選定します。

それでは、実際にどんなキーワードを選定していけばいいのでしょうか?

キーワードの探し方については、人によって様々なやり方があるので、「これが正解」といったものがあるわけではないです。

しかし、一番わかりやすいのは、検索する側の視点でキーワードを考えてみることです。

例えば、検索する側の人間が情報を見つける場合にどのような流れを踏んでいるのかを想像してみます。

孔雀

アフィリエイトを全く知らないという人がアフィリエイトについて調べようと思った場合、検索エンジンに「アフィリエイト」というキーワードを入力して検索をかけますね。

すると、アフィリエイトについて書かれた記事が検索エンジンに表示されます。

そして、アフィリエイトについて理解したユーザーが、次にアフィリエイトの始め方について知りたいと思ったとします。

すると、今度は「アフィリエイト 始め方」「アフィリエイト やり方」などのキーワードを入力して検索をかけてきます。

当然、検索エンジンではアフィリエイトの始め方について書かれた記事が表示されるようになります。

このように、検索エンジンは打ち込んだキーワードに関連した記事を表示してくれます。

つまり、集客したいターゲット層が検索しそうなキーワードを記事内に選定していけば、適切なキーワード選定が行えるというわけです。

それでは、どんなことに注意してキーワード選定をしていけばいいのかについて、より具体的に解説していきたいと思います。

キーワード選定のコツ1:基本は1記事に3つのキーワードを組み合わせて選定する

キーワード選定は、基本的に記事を書く前の段階で決めておきます。

そして、キーワード選定する場合には、以下の状況によってやり方が大きく変わってきます。

  • 書きたい記事が決まっていない時のキーワード選定
  • 書きたい記事が決まっている時のキーワード選定
  • このあたりの情報は、下記の記事をご覧ください。

    1つの記事に設定するキーワードの数は、3語の組み合わせが理想です。

    ※この記事では、3語のキーワードを以下のような言葉で表現していきます。

    ・1語目のキーワード・・・メインキーワード
    ・2語目のキーワード・・・サブキーワード1
    ・3語目のキーワード・・・サブキーワード2

    1語のキーワードだけではテーマが広すぎて曖昧になってしまいます。

    例えば、[アフィリエイト]という1語だけのキーワードを選定して記事を書こうとすると、漠然すぎて何について書いていけばいいのかわかりませんね。

    1語だけだとテーマが絞れない

      ⇒アフィリエイトの言葉の意味?
      ⇒アフィリエイトの始め方?
      ⇒アフィリエイトの稼ぎ方?
      ⇒アフィリエイトの仕組み?

    1語だけだと、いろんな検索意図が含まれてしまうので、1記事の文字数が膨大になってしまいます。

    なので、キーワードを2語、3語と付け加えて、テーマをより絞り込んでいきます。

    付け加え方は、1語目のキーワードから意味が細分化されるようにしていくとわかりやすいです。

    上で説明したキーワードで言えば、[アフィリエイト]がメインキーワード、[始め方][やり方]というのがサブキーワードにあたります。

    この3語のキーワードの並び順は、階層として捉えるようにします。

    具体的な図で表すと以下のような感じです。

    3語のキーワードを選定

    「メインキーワード」の中に「サブキーワード1」が含まれ、「サブキーワード1」の中に「サブキーワード2」が含まれているような図式です。

    例えば、[アフィリエイト スマホ]という2語のキーワードを選定したとします。

    これで少しだけテーマがはっきりしてきましたが、[アフィリエイト スマホ]という2語のキーワードだけでは、具体的に何について書けばいいのかがまだ曖昧ですよね?

    そこで、3語目のキーワードを選定するために、ラッコキーワードを使って、実際に検索されているキーワードをあぶり出してみます。

    キーワード選定のコツ

    すると、[アプリ、ブログ、おすすめ、ゲーム、パソコン、始め方]といった3語目のキーワードが出現してきましたね。

    この3語目のキーワードが、「サブキーワード2」の階層に収められているというイメージです。

    図で表すと、以下のような感じになります。

    アフィリエイト関連キーワード

    この3語目のキーワードまで選定することで、書こうとする内容が明確となり記事が書きやすくなるはずです。

    3語まで設定するとテーマが明確に!

    • 「アフィリエイト スマホ アプリ」
    • 「アフィリエイト スマホ ブログ」
    • 「アフィリエイト スマホ おすすめ」
    • 「アフィリエイト スマホ ゲーム」
    • 「アフィリエイト スマホ パソコン」
    • 「アフィリエイト スマホ 始め方」

    どうでしょうか?

    「アフィリエイト スマホ」という2語のキーワードで記事を書くよりも、3語まで設定しておくとテーマがより明確になって書きやすくなりますよね。

    しかも、ターゲットも絞り込まれるようになるため、情報を求めているユーザーに刺さる記事に仕上がります。

    メインキーワードを決めた後に選定する2語、3語のサブキーワードの組み合わせは、無料ツール「ラッコキーワード」を使うことで、実際に検索されている関連キーワードを表示させることができます。

    注意ポイント

    自分の頭でキーワードを勝手に組み合わせてしまうと、全く検索されないキーワードで記事を書いてしまう危険性があります。

    なので、2語、3語のサブキーワードは、自分で考えて組み合わせるよりも、ラッコキーワードで出現したキーワードから自分が書きたい内容にマッチしたものを選ぶようにしたほうがいいです。

    ラッコキーワードを使って2語、3語の複合キーワードを見つけ出す方法は、下記の記事に詳しく書いてあります。

    このように、3語のキーワードまで選定することで、情報を求めているユーザーに刺さる記事が書けるだけでなく、検索エンジンにも認識されやすくなります。

    キーワード選定のコツ2:検索ボリューム(検索数)のあるキーワードを選定する

    キーワードを選定するためのコツの2つ目は、検索ボリューム(検索数)のある(実際に検索されている)キーワードを選定するということです。

    記事を書いてもアクセス数が集まらない人たちの特徴は、この検索ボリューム(検索数)を意識しないで検索されないキーワードを選定してしまっているケースが多いです。

    キーワードは自分で考えようと思えば無数の組み合わせが出てきますし、ネット上で関連の記事を読みながら拾っていくことも可能でしょう。

    しかし、そのキーワードが実際に検索されているかどうかは全く別物です。

    それを確認しないで設定してしまうと、もしそのキーワードが全く検索されていないキーワードであった場合、全く検索されない記事になってしまいます。

    なので、まずは確実に検索ボリューム(検索数)のあるキーワードから選び出していくことが大切です。

    検索ボリューム(検索数)のあるキーワードを見つけるには、上で紹介した「ラッコキーワード」で出現するキーワードを使うのが一番いいです。

    ここで出現するキーワードの組み合わせは、実際に検索されているものなので確実です。

    検索ボリューム(検索数)がどれぐらいあるのかについて調べるには、「キーワードプランナー(Google AdWords)」という無料ツールを使えば簡単に導き出せます。

    これは、選定するキーワード候補が2つ以上あって迷った場合などに、検索ボリューム(検索数)の多さを比較するのに使えます。

    その他にも、下の記事に書いてあるようなツールを使って検索ボリューム(検索数)を調べることができます。

    注意ポイント

    検索ボリューム(検索数)の多さだけでキーワードを選定してしまうと失敗します。

    検索ボリューム(検索数)が多いということは、それだけライバルもひしめき合っているということです。

    なので、初心者レベルでそこを狙っていったとしても、まず上位表示されることはないと思ったほうがいいです。

    この記事で書いている「検索ボリューム(検索数)がある」という表現は、実際に検索されているキーワードであるかどうかという意味です。

    アフィリエイトのような収益を目的にブログ運営する場合には、意図的にニッチなキーワードを狙っていくのが基本的な攻め方です。

    アフィリエイトでニッチなキーワードを比較的簡単に見つけ出す方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

    私が実際に使っているキーワード選定ツール一覧

    キーワード選定に使える無料ツールを紹介したいと思います。

    一番最初に決めるメインキーワードに関しては集客したいターゲット層から導き出していきますが、そのキーワードがどれくらいの検索ボリューム(検索数)があるのかについては、ツールを使って調べないとわからないことです。

    そして、そのメインキーワードから派生する、2語、3語の関連キーワードの組み合わせについても、ツールを使って調べないと実際に検索されているキーワードの組み合わせなのかはわかりません。

    関連キーワードの組み合わせ、検索ボリューム(検索数)の大きさについては、以下のような無料ツールを使えば調べられます。

    <関連キーワード取得ツール>

    • ラッコキーワード
    • goodkeyword
    • OMUSUBI

    <検索ボリューム(検索数)を調べるツール>

    • キーワードプランナー(Google AdWords)
    • Ubersuggest
    • Google トレンド

    各ツールの詳細や使い方は、下記の記事の載せているので参考にしていただけたらと思います。

    まとめ

    今回は、ブログの集客に欠かせないキーワード選定のコツについて書いてみました。

    ブログ記事にしっかりとアクセスを集めていくには、実際に検索されているキーワードを選定して記事を書いていくことが大切です。

    絶対に自分の頭の中だけでキーワードを組み合わせていくいのはやめましょう。

    そして、実際に集客したいターゲット層を明確にして、そのターゲット層が検索しそうなキーワードを選定していくことが重要です。

    キーワードを選定できたら、そのキーワードに沿った記事を作成していきます。

    選定したキーワードを記事内でどのように入れていけばいいのか?については下記の記事をご覧ください。

    関連記事

    最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
    人気ブログランキングへ
    • この記事を書いた人

    孔雀

    2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。

    -SEO

    © 2020 孔雀イズム