ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ内検索

アフィリエイト基礎知識

アフィリエイトASPの審査の流れと合格するために必要なことを解説

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、アフィリエイトASPに登録する際のサイト審査(ブログ審査)の流れと合格するために必要なことについて解説してみたいと思います。

この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いています。

この記事を読むべき人

  • ASPに登録する際にサイト審査はあるのか?について知りたい人
  • ASPに登録する際のサイト審査でチェックされる内容について知りたい人
  • ASPに登録する際のサイト審査に合格するために必要なことについて知りたい人

アフィリエイトASPによりますが、ASPに登録する際にそのサイトが広告を掲載するに値するメディアであるかどうかの審査が入ります。

もちろん、その審査に合格しなければ、そのASPで扱っている広告が利用できません。

今回は、アフィリエイトASPの審査に関する流れと、合格するために必要なことについて解説してみたいと思います。

この記事を読むことで、ASPの審査に合格するために何が必要なのかがわかるようになります。


スポンサーリンク

アフィリエイトASPの審査には2種類ある

アフィリエイトASPのサイト審査には、主に2種類あります。

サイト審査の種類

①アフィリエイトASPに登録する際の審査
②ASPに登録後、広告を貼るための広告主による審査

すべてのアフィリエイトASPの審査が上記のようになっているわけではありませんが、だいたいこの2種類のパターンが多いですね。

①アフィリエイトASPに登録する際の審査

これは、ASPに登録する際にASP側が行うサイト審査です。

審査は登録時に行われることが多く、審査の合否は後からメールで送られてきます。

この審査に合格すると、ASPで取り扱っている広告の提携申請ができるようになります。

アフィリエイトASPの中には、登録時に審査なしといったASPも存在しています。

②ASPに登録後、広告を貼るための広告主による審査

これは、ASPに登録後にASPで取り扱っている広告を利用する際に行われる広告主による審査です。

審査を行うのはASPではなく、広告を取り扱っている広告主です。

審査は自動審査(実質審査なし)から、合否がわかるまでに約1週間近くかかる広告などがあります。

合否の連絡はメールで送られてきて、合格すると広告リンク(アフィリエイトリンク)の取得が可能になります。

スポンサーリンク



各アフィリエイトASPの登録時の審査有無リスト

各アフィリエイトASPの登録時の審査と、広告提携申請時の審査有無を表にまとめてみました。

<各アフィリエイトASPの登録時の審査有無リスト>

ASP登録時の審査広告主提携時の審査
A8ネット×
もしもアフィリエイト
afb
バリューコマース
アクセストレード
Link-A(リンクエー)
LinkShare
楽天アフィリエイト××
Amazonアソシエイト×
Google Adsense(アドセンス)×
インフォトップ××

特殊なのは、「楽天アフィリエイト」「Amazonアソシエイト」「Google Adsense(アドセンス)」の3つのASPですね。

楽天アフィリエイトは全審査なし

楽天アフィリエイトは、ASP登録時の審査と広告主提携時の審査の両方がありません。

なので、どんなサイト(ブログ)であっても、登録すればすぐにアフィリエイトを始められます。

ちなみに、情報商材アフィリエイトのインフォトップも両方の審査がありません。

Amazonアソシエイトは登録時の審査のみだけど審査基準が厳しい

Amazonアソシエイトは登録時の審査のみです。

登録時の審査を通過すれば、Amazonで販売されているすべての商品やサービスのアフィリエイトが可能になります。

ただし、登録時の審査がめちゃくちゃ厳しいことで有名です。

これからAmazonアソシエイトに登録する方で、なかなか審査に通らない状況になったら下記の記事を読んでもらうと対応策がわかるかと思います。

Google Adsense(アドセンス)も審査基準が厳しいで有名

Google Adsense(アドセンス)は、クリック報酬型のアフィリエイトです。

広告は自動的に配信されるので広告主の審査はありませんが、アドセンスの登録時にのみ審査があり、Amazonアソシエイト同様に厳しいです。

これからアドセンスに挑戦する方で、なかなか審査に通らない状況になったら下記の記事を読んでもらうと対応策がわかるかと思います。

アフィリエイトASPの審査から合格までの流れ

上記でアフィリエイトASPのサイト審査には2種類あると説明しましたが、それぞれ以下のような流れで審査が行われます。

中には、上で紹介した特殊なASPもありますが、通常のASPはだいたい以下の流れですね。

ASP登録時の審査から合格までの流れは、以下のような感じです。

ASP登録時の審査の流れ

ASPの会員登録」⇒「サイト(ブログ)のURLを申告」⇒「ASPがサイトを審査」⇒「メールにて合否のお知らせ」⇒「合格したら広告提携が可能になる(または利用できるようになる)」

広告主提携時の審査から合格までの流れは、以下のような感じです。

広告主提携時の審査の流れ

貼りたい広告が決まる」⇒「広告の提携申請をする」⇒「広告主がサイトを審査」⇒「メールにて合否のお知らせ」⇒「合格したら広告リンクの取得が可能になる

要するに、1つの広告リンクを利用するために2つのサイト審査を通過する必要があるということですね。

アフィリエイトASPの審査に合格するために必要なこと

次に、アフィリエイトASPの審査に合格するためにどんなことに注意すべきかについてまとめてみたいと思います。

これは、ASP登録時の審査でも広告主提携時の審査でも、注意すべきポイントは同じです。

それは、「そのサイトが広告を掲載するに値するメディアであるかどうか」、という部分ですね。

審査に通らないサイトの特徴を簡単にまとめると、以下のようなサイトです。

  • サイトが存在しない、もしくは文章・画像等のコンテンツが存在しないサイト
  • 正常にアクセスできないサイト
  • グロテスクな見た目や不快な表現のあるサイト
  • 成人向けコンテンツを含むサイト
  • 犯罪への利用を臭わせる表現があるサイト
  • 検索エンジンスパムサイト
  • パブリシティ権・著作権を侵害するサイト
  • 公序良俗に違反しているサイト
  • 各ASPが判断する「ふさわしくない」と判断したサイト
  • 最近だと、特にパブリシティ権・著作権を侵害するような画像(芸能人の画像など)を使っていたりすると、審査に通らないことが多いです。

    その他に、ブログに埋め込んだ他人の動画やSNS内に著作権を侵害したコンテンツが含まれているパターンも審査に通らない原因だったりします。

    詳細については、下記の記事をご覧ください。

    何度も審査に落とされるような方は、上記のサイトに当てはまる部分がないか、よく確認してみてください。

    まとめ

    今回は、アフィリエイトASPに登録する際のサイト審査(ブログ審査)の流れと合格するために必要なことについて解説してみました。

    アフィリエイトASPのサイト審査には、主に2種類あります。

    サイト審査の種類

    ①アフィリエイトASPに登録する際の審査
    ②ASPに登録後、広告を貼るための広告主による審査

    アフィリエイトASPの審査から合格までの流れは、審査申請した後にメールで合否を知らせてくるパターンがほとんどです。

    審査に合格してはじめて広告が利用できるようになります。

    アフィリエイトASPの審査に合格するためには、「そのサイトが広告を掲載するに値するメディアであるかどうか」を意識しておくことですね。

    詳しい審査基準は、各アフィリエイトASPによって変わってきます。

    ASPによっては審査に関するガイドラインが公開されているところもあるので、しっかりと熟読しておくといいと思います。

    関連記事

    最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
    人気ブログランキングへ
    • この記事を書いた人

    孔雀

    ハンドルネーム:孔雀 2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。 孔雀のブログ「専業アフィリエイター孔雀のつぶやき」ではプライベートな情報も発信中です。

    -アフィリエイト基礎知識

    © 2020 孔雀イズム