アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり

アフィリエイトブログの始め方から月収100万円以上稼ぐまでの記録を綴ったブログ。

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

ASP

Amazonアソシエイトの審査に通らない場合の対処法

更新日:

こんにちは、孔雀です。

アフィリエイトを始めて一番最初に使ってみたいと思うのが、Amazon商品を紹介するAmazonアソシエイトだと思います。

しかし、Amazonアソシエイトを利用するためには、広告を掲載するためのAmazon側のサイト審査に合格しなければ利用することができません。

そして、この審査の厳しさは有名で、Googleアドセンスの審査に通ったサイトでさえも落とされる場合があるほどの難しさです。

また、審査に通らない理由について具体的にAmazon側から明示されることがないので、どう対処していいのかわからないというのが辛いところです。

しかし、アフィリエイトASPである「もしもアフィリエイト」に登録してAmazonと提携しようとすると、詳細条件の欄に提携できないサイトの例が具体的に記述されています。

今日は、その内容を参考にしながら、Amazonアソシエイトの審査に通らない場合の対処法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトが設けている提携できないサイトの例

Amazonアソシエイトのサイト審査に不合格(非承認)になると、具体的な理由を教えてもらえずに、以下の内容のメールがAmazonnから送られてくると思います。

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合
3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合
4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合
5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
6. 知的財産権を侵害している場合
7. 露骨な性描写がある場合
8. 未成年の方のお申し込み

2~8番までの理由であれば、すぐにでも改善することができますが、問題なのは1番の理由ではないでしょうか。

Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合」という部分が非常に曖昧な表現になっていますね。

個人的には、6番の理由も曖昧でわかりにくいと思います。

一体どのようなサイトがNGなのか、その境界線もわからない気がします。

これでは改善のしようがありませんね。

ところが、「もしもアフィリエイト」に登録してAmazonと提携しようとすると、提携できないサイトの例が具体的に記されています。

以下が、その内容です。

---------------------
■提携について
---------------------
・提携審査には数週間かかる場合がございます。
・作成されたばかりの未完成サイトや、運営がされていないサイトは提携できません。
・少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。
・過去に問題があり提携解除された方は、他のサイトであっても再提携できません。

<提携できないサイトの例>
・リベートサイト(当該サイトのリンクを経由してショッピングを行うことと引き換えに、エンドカスタマーに対してポイント、キャッシュバック、慈善団体等への寄付等の方法でのディスカウントを提供するサイト)。
・ソーシャルネットワーキングサイト。
・誤ったまたは誤解を招くような方法その他の好ましくない方法で掲載しているサイト。
・主として無料の電子書籍の販売促進を行うサイト。
・テレビセットトップボックスまたはインターネット接続可能なテレビと組み合わせて使用するように設計または意図されているサイト。
・独自の価値ある情報を掲載せずに、他サイトからの情報を掲載しているサイト。
・クライアントアプリケーション、ソフトウェア、プラグイン、ヘルパー、コンポーネントその他の実行可能コード(デスクトップアプリケーション、ツールバー、プラグイン、ヘルパー、コンポーネントおよび拡張子を含むが、これらに限られない)。
・過去にアソシエイトアカウントを解除されたサイトや人。
・リーチサイト等著作権その他知的財産権侵害を助長するサイト。
・未完成等の理由により不適格サイトに該当するか否か判断できないサイト。
・他サイトのコンテンツをコピーしたサイト、テンプレートのみ利用をする等独自の内容が含まれていないサイト、PPC広告(PayPerClick広告)から誘導されるいわゆるペライチページ等コンテンツが貧弱なサイト。
・本人購入(第三者を代理しての購入も含む。)が合理的に疑われる場合。
・情報商材の販売等に関するサイト。
・URLの誤記等によりサイトを確認できない場合または第三者が運営するWebサイトやURLで申込みがされた場合。
・Webサイトの内容を確認できない場合または内容を確認できないコンテンツが含まれている場合。
・申込み時に登録した住所、氏名、電話番号等が正しくない場合。
・未成年者。
・最安値または価格比較を標榜しているにもかかわらず、最安値が適切に表示されない、価格比較を行えない等機能が不十分なサイト。
・日本語ドメインサイト。
・不正が多発しているテンプレートを使用しているサイト。
・長期間更新されていないサイト。
・一般消費者ではない送客を主にしているサイト(転売情報サイト等)。

>>詳細画像

少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。

と具体的に記事数を明示してあるところも参考になりますね。

もし、Amazonアソシエイトのサイト審査に何度を落ちているという人がいたら、上に書かれている<提携できないサイトの例>に当てはまっていないか確認してみてください。

Amazonアソシエイトの審査に通るために守るべき基本ポイント

どのようなサイトに仕上げれば審査に通りやすくなるのかについては、上の<提携できないサイトの例>を見てもらえば、だいたい理解できるのではないでしょうか。

しかし、それ以前にもっと根本的な部分で守るべきポイントがあります。

それは、以下の5つのポイントです。

・購入履歴のあるAmazonアカウントを使って登録する
・サイトの内容と紹介方法を丁寧に書く
・サイト内に運営者情報を載せる
・フリーメールではなくプロバイダのメールアドレスで登録する
・審査に申し込む時はすべての広告を外してから申し込む

それぞれのポイントについて具体的に解説していきます。

購入履歴のあるAmazonアカウントを使って登録する

Amazonでの購入履歴があるアカウントを使用することで、Amazon側に信頼感を与えることができます。

信頼感を与えるとは、実際に購入履歴のあるアカウントの登録情報は偽りがない可能性が高いと判断されるからです。

少なくても、配達先を特定できる氏名と住所についての情報は、本人であることを証明できる材料になるはずです。

実際に「Amazonでの購入履歴があるアカウントを使用することで審査に影響を与えた」という情報が多く見受けれるところをみると、あながち間違いではないと感じます。

なので、もし新規アカウントで登録する場合は、実際にAmazonでの購入履歴を作ってから審査に出してみるといいかもしれません。

サイトの内容と紹介方法を丁寧に書く

Amazonアソシエイトに申し込みをする際のサイト登録の情報をしっかりと書くことも大事です。

とくに気を付けたいのが、以下のWebサイトの内容を記入する部分です。

Amazonアソシエイトに申し込みをする際のサイト登録の情報

この部分を適当に書いて、Amazon側に伝わらないと審査に影響を与えてしまいます。

文字制限の256文字を全部使うくらいの勢いで、「このサイトはどんなサイトなのか」をわかりやすく丁寧に書いてみてください。

サイト内に運営者情報を載せる

サイト内には運営者情報を載せるのが基本です。

誰が書いているのかわからないようなサイトは、訪問者にとって信頼できるサイトではありません。

そして、何かあった場合に連絡が取れないようなサイトも信頼感を損ねてしまいます。

必ず、運営者の氏名(ペンネームでも可)とメールアドレス(メールフォームなど)はサイト内に記載しておきましょう。

この記載がないと、たぶんAmazonの審査に通ることはないです。

フリーメールではなくプロバイダのメールアドレスで登録する

これは、Amazonの新規アカウントを作成する人の場合ですが、登録するメールアドレスは、GmailやYahooなどのフリーメールアドレス以外のものを使うということです。

つまり、プロバイダや独自ドメインを利用したメールアドレスを登録するということです。

これも信頼度に関係してくることですが、無料で簡単に作成できるフリーメールアドレスは簡単に捨てることもできるメールアドレスです。

それよりも、お金がかかっているプロバイダや独自ドメインを利用したメールアドレスのほうを登録したほうが信頼度が増します。

なので、Amazonアソシエイトに登録するメールアドレスは、フリーメールアドレス以外のものを登録しましょう。

審査に申し込む時はすべての広告を外してから申し込む

これからAmazonの広告を貼らせてくださいとお願いするサイトが、Amazon以外のアフィリエイトリンクをたくさん貼ってあったとしたら、決して気分のいいものではありませんよね。

最低限の礼儀として、審査に申し込む時はすべての広告を外してから申し込むべきです。

Googleアドセンスすらも外してから審査に申し込みましょう。

どうしてもAmazonの審査に通らない人は「もしもアフィリエイト」で提携すると審査に通る場合も

どうしてもAmazonの審査に通らないという人は「もしもアフィリエイト」経由でAmazonアソシエイトを利用するという方法もあります。

もしもアフィリエイト
↓↓↓

「もしもアフィリエイト」経由でAmazonアソシエイトを利用する場合でも提携審査はありますが、実は、Amazon直よりも審査が緩いと言われています。

しかも、Amazon直でアフィリエイトするよりも、「もしもアフィリエイト」経由のほうがお得になる場合があります。

お得になるポイントは、以下の3つです。

・Amazonアカウントがなくても利用できる
・振込手数料が300円→0円になる
・最低報酬額1円から振り込まれ、報酬の10%が加算されるW報酬制度がある

Amazonアカウントがなくても利用できる

Amazonアソシエイトを利用するために、わざわざ新規にAmazonアカウントを作成しなければいけない人は、「もしもアフィリエイト」経由にすることでその必要がなくなります。

そして、わざわざ商品を購入して購入履歴を作る必要もなくなります。

振込手数料が300円→0円になる

振込手数料がお得になります。

Amazonアソシエイトでの振込手数料は300円かかってしまいますが、もしもアフィリエイトの場合、振込手数料は0円です。

実は、Amazonアソシエイトと「もしもアフィリエイト」経由での報酬料率はどちらも同じ料率です。

<Amazonアソシエイトでの報酬料率>

Amazonアソシエイトでの報酬料率

<もしもアフィリエイトでの報酬料率>

もしもアフィリエイトでの報酬料率

しかも、「もしもアフィリエイト」経由でのcookie有効期限もAmazonアソシエイトと同じく24時間となっています。

「もしもアフィリエイト」経由でのcookie有効期限

つまり、「もしもアフィリエイト」経由でAmazonの商品をアフィリエイトしたとしても、何も不利になるようなことは1つもないということです。

最低報酬額1円から振り込まれ、報酬の10%が加算されるW報酬制度がある

振り込まれる最低報酬額も、もしもアフィリエイトのほうが低く設定されています。

Amazonアソシエイトの最低報酬額は5,000円、もしもアフィリエイトは最低報酬額1円から振り込み可能です。

しかも、もしもアフィリエイトは、報酬の10%が加算されるW報酬制度があります。

もしもアフィリエイトのW報酬制度の詳細については、こちらの記事で説明しています
↓↓↓

もしもアフィリエイトの評判-振込金額(最低1円~)で比べると一番稼げるASP-

まとめ

今回は、Amazonアソシエイトの審査に通らない場合の対処法について書いてみました。

審査に通らない主な理由は、サイト自体がアフィリエイトが目的になってしまっているサイトであったり、健全でないサイト(読者に不快感を与えるようなサイト)である可能性が高いはずです。

上で説明したことに気を付けてサイトに修正を加えたら、もう一度Amazonアソシエイトの審査に申し込んでみてください。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

-ASP
-, ,

Copyright© アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.