ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

WordPress

ワードプレスのテンプレート一覧-おすすめの無料版~有料版の紹介-

投稿日:

こんにちは、孔雀です。

ワードプレスをインストールした後に悩むのが、どのテンプレート(テーマ)を使って運営していくかという問題です。

テンプレートとは、ブログ全体のデザインを決めるもので、どのテンプレートを使うかによって、そのブログのイメージが決まってしまうほど重要なものです。

そして、どの程度カスタマイズできるのかも選んだテンプレートの種類によって変わってきますし、検索エンジンの上位表示にも影響を与えるくらいテンプレート選びは重要なことです。

なので、できるだけ自分のブログのイメージにマッチするテンプレート、そしてしっかりとSEO対策が施されているテンプレートを選ぶことです。

今日は、ワードプレスのブログで使うテンプレートの選び方と私がおすすめするテンプレートを紹介していきたいと思います。

この記事では厳選したテンプレートだけを紹介しているので、少ない選択肢の中から自分にマッチするテンプレートを時間をかけずに選ぶことができます。

スポンサーリンク

ワードプレスのテンプレートを選ぶ時の基準と注意点

ワードプレスのテンプレートは、公式で提供されているものやネット上からダウンロードして使える物など、たくさんのテンプレートが存在しています。

それを最初の段階で1つ1つ眺めながら選んでいくと膨大な時間をかけてしまいます。

なので、運営するために必要なポイントだけを抑えて、あらかじめ選択肢を絞っておくことも重要です。

選択肢を絞るために、以下のポイントを考慮して選んでいくことを推奨します。

テンプレートを選ぶ時の主な基準

・SEO施策済のテンプレート
・レスポンシブ対応のテンプレート
・日本語対応でしっかりとバージョンアップされているテンプレート

1つ1つ具体的に説明していきます。

SEO施策済のテンプレート

ワードプレスのテンプレートは、運営者がわざわざHTMLタグをいじらなくても、文章を書いて投稿するだけで記事が表示されるように作り込まれています。

つまり、検索エンジンが読み取ろうとするHTMLタグ部分が、自動的にテンプレートで設定されたまま吐き出して表示するということです。

なので、最初から検索エンジンに沿ったHTMLタグで書かれたテンプレートを選ぶことで、自動的にSEOに適したブログ記事が出来上がることになります。

※ここで言っているSEOとは、HTMLの構造上での話です。記事の良し悪しはまた別の問題になります

レスポンシブ対応のテンプレート

レスポンシブ対応のテンプレートとは、スマホの画面で表示させた時にきちんとスマホのサイズに合わせた表示に切り替わるテンプレートのことです。

レスポンシブ対応されていないテンプレートを使うと、スマホで表示させてもPCで表示されるものと同じ画面になるので、非常に読みにくいブログになってしまい、訪問者の離脱率を上げる結果になります。

これからはスマホからの訪問者がどんどん増えてくる時代なので、テンプレートもスマホ表示に対応したレスポンシブ対応にすべきです。

日本語対応でしっかりとバージョンアップされているテンプレート

ワードプレスのメニューが日本語以外の言語になっていたら、どこをどういじっていいのかわからなくて使いにくいですよね。

必ず、日本語で表示されるテンプレートを選ぶべきです。

海外のテンプレートでも日本語対応したテンプレートが用意されているものもあります。

そして、もう一つ重要なのがテンプレートのバージョンアップの頻度です。

検索エンジンの仕様はどんどん新しいものへと変化していきます。

それに対応して新しく作り変えてくれるかどうかもテンプレートを選ぶ基準になります。

なので、テンプレートを提供している公式サイトの更新情報も忘れずにチェックする必要があります。

私がおすすめするワードプレスのテンプレート一覧

ここでは、私がおすすめするワードプレスのテンプレートを厳選して紹介していきたいと思います。

紹介するテンプレートは、無料のものと有料のものを分けてご紹介します。

どれも、SEO施策済み、レスポンシブ対応、日本語対応のテンプレートになります。

ワードプレスのおすすめ無料テンプレート

Xeory

ワードプレスのおすすめ無料テンプレート「Xeory」

SEOの知識に精通したバズ部が提供するワードプレスのテンプレートということで、非常に安心感があります。

テンプレートは「Xeory Base(ブログ型)」と「Xeory Extention(サイト型)」との2種類が用意されていて、Googleアナリティクス、SNS、meta情報などを管理画面で設定することができます。

CTAの設定、メルマガ配信スタンドのフォーム設定ができるLP(ランディングページ)の作成が管理画面から行えます。

Simplicity

ワードプレスのおすすめ無料テンプレート「Simplicity」

余計なものを表示させないシンプルさが魅力のSimplicityのテンプレート。

内部SEOにものすごくこだわった作りになっていて、デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0、サーチコンソールの構造化エラー0、PageSpeed Insightsのモバイルユーザエクスペリエンスが100点になるように初期段階で設計されています。

なので、検索エンジンに好まれる完璧に近いHTML構造が実現していることになります。

そして、ブログに表示させるSNSシェアボタンも豊富に揃っていて簡単に設置することができます。

マテリアル

ワードプレスのおすすめ無料テンプレート「マテリアル」

マテリアルのテンプレートの特徴は、TOPページやメインコンテンツの下にカテゴリごとの記事を表示させられることです。

そして、LINE@のフォローボタン、SNSシェアボタンやAdSense広告を自動で表示させるためのツールも装備されています。

ワードプレスのおすすめ有料テンプレート

AFFINGER4

ワードプレスのおすすめ有料テンプレート「AFFINGER4」

有料テンプレートで紹介したいのが、このブログでも使っているAFFINGER4です。

AFFINGER4は、検索エンジンで上位表示を狙う為の細かな仕組みやブログ、アフィリエイトで収益を上げる為の強い機能が豊富に備わっています。

どちらかというと、アフィリエイトなどの広告収入をアップさせるたい人が使うテンプレートと言えます。

特徴としては、ワードプレスの中にAFFINGER4専用の管理画面が用意されていて、100以上の細かい設定ができるようになります。

そして、AFFINGER4は有料テンプレートでありがちなブログ毎に購入しないと使えないテンプレートというわけではなく、複数のブログで使用することが可能です。

なので、1度購入してしまえば、自分が運営するすべてのブログで使用することができるようになります。

アフィリエイターとして一歩抜き出たいと思うのであれば、こういった有料テンプレートに投資してブログ運営することも大切なことです。

まとめ

今回は、ワードプレスのブログで使うテンプレートの選び方と私がおすすめするテンプレートを紹介してみました。

ワードプレスのテンプレートはネット上にたくさんの種類があって迷ってしまいますが、選ぶ基準を知っておくと時間をかけずに正しいテンプレートを見つけられます。

選ぶ基準は、以下の3つです。

・SEO施策済のテンプレート
・レスポンシブ対応のテンプレート
・日本語対応でしっかりとバージョンアップされているテンプレート

特に重要視したいのがSEO施策済のテンプレートであることですね。

うまくキーワード選定して書いた記事であったとしても、HTMLタグのコーディング(テンプレート)が悪くて上位表示できない、というのでは話になりません。

その点で言えば、上で紹介した4つのテンプレートは他のテンプレートと比べても群を抜いてコーディングに優れています。

なので、上で紹介した4つのテンプレートはおすすめです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

-WordPress
-,

Copyright© アフィリエイトで月収100万円稼ぐまでの道のり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.