ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ内検索

アフィリエイト基礎知識

ペイントを使って画像を加工する方法(画像の切り抜き、文字入れやモザイクを入れる)

2017年4月18日

こんにちは、孔雀です。

この記事ではぺイントを使った画像加工のやり方を解説していきたいと思います。

ぺイントはWindowsに標準搭載されているソフトです。

高度な画像加工をしないのであれば、わざわざ有料の画像加工ソフトを購入しなくてもぺイントのみで大丈夫です。

私もブログに載せる画像の編集はすべてこのペイントを使って行っています。

画像加工はアフィリエイターにとって必ず身に付けるべきスキルの一つです。

アフィリエイターにとっての画像加工とは、自分で撮影した商品の画像や自分のブログに使うバナー画像、サイトの使い方を説明するためのキャプチャー画像などに文字を書き加えたり、ぼかしを入れたりすることです。

このスキルがあれば、商品画像をうまく見せたり、PCのキャプチャー画像をうまく加工してブログに載せることができます。

スポンサーリンク

Windows10の「ペイント」の場所と起動方法

私が使っているのがWindows10です。

「ペイント」の場所は、Windowsアクセサリというフォルダの中に格納されています。

Windows10になってからWindowsアクセサリの場所がわからないという人が結構いるみたいなので、一応解説しておきます。

PC画面の左下にある「スタートアイコン(Windowsマークのアイコン)」をクリックすると、その中に「Windowsアクセサリ」フォルダがあるはずです。

「ペイント」は、そのフォルダ内にあります。

Windows10の「ペイント」の場所

Windows10を使っていない人でも、「アクセサリ」という場所に入っているはずです。

実際に「ペイント」を使ってみましょう

では、さっそく「ペイント」を使ってみましょう。

この記事はアフィリエイター向けの画像加工&編集として書いているので、以下の基本操作について簡単に解説していきます。

5つの基本操作

①画面のキャプチャー
②画像内に枠を入れる
③画像内に文字入れ
④画像の切り抜き
⑤画像にぼかしを入れる

今回は、わかりやすいようにA8ネットの画面をキャプチャーし、その画像を加工して編集するという手順で解説してみます。

まず、イメージしやすいように編集前画像編集後の画像を載せておきます。

今回、編集加工するのはキャプチャーした画像内に枠と文字を入れてみるというものです。

「こんな感じに仕上がるんだ」とイメージしてもれえればいいかなと思います。

使わせていただいたのはA8ネットのTOPページになります。

[元の画像]

ペイントを使って画像を加工する方法

[編集後の画像]

ペイントを使って画像を加工する方法

①画面のキャプチャー(PC画面を画像としてキャプチャーする方法)

自分のブログに報酬画面をキャプチャーした画像を掲載するアフィリエイターをよく見かけます。

あれは、特別なソフトを使っているわけではなく、Windowsに標準搭載されている「ペイント」でできます。

まず、キャプチャーしたいサイトをPCの画面上に表示させます。

この記事では、「A8ネットのTOPページ」のキャプチャー画像になります。

キーボードの右上のほうに「PrintScreen」というキーを押します。

孔雀
PrintScreen」キーは、キーボードによって「PrtScn」「PRTSC」「PRTSCN」などと書かれている場合があるよ

PrintScreen」というキーを押した瞬間に、自動的にキャプチャー画像がクリックボードに保存されます。

この時点でキャプチャーした画像はコピーされました。

次に、キャプチャーした画像を「ペイント」に貼り付ける作業です。

まず、「ペイント」を開いて、「貼り付け」をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

すると、「ペイント」内にA8ネットのTOPページのキャプチャー画像が貼り付けられます。

ペイントを使って画像を加工する方法

②画像内に枠を入れる(キャプチャーした画像に図形や枠を入れる方法

今度はキャプチャーした画像に図形(枠で囲む)を入れます。

今回は、「今すぐ登録する」部分に赤枠を入れてみます

こんな感じに

ペイントを使って画像を加工する方法

四角の図形を入れるので、「図形」の中にある「」をクリックします。

色は赤を使うので、「」の中の[ペイントを使って画像を加工する方法]を選んでクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

枠を入れる時は、入れたい箇所にマウスのポインターを持っていきドラッグ&ドロップの操作で行います。

左クリックしたままマウスを動かして枠を広げていく感じです。

理想の枠が描けたら左クリックを離して確定させると、画像内に枠ができます。

ペイントを使って画像を加工する方法

③画像内に文字入れる(キャプチャーした画像に文字を入れる方法)

今度はキャプチャーした画像に文字を入れます。

こんな感じです。

ペイントを使って画像を加工する方法

文字を入れる場合は、[ツール]の[ペイントを使って画像を加工する方法]をクリックします。

文字の色は[]から選択できます。

見本では赤い文字なので、[ペイントを使って画像を加工する方法]をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

文字を入れたい場所をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

文字を入れるスペースが勝手に作られますが、スペースの大きさは後から編集できます。

ペイントを使って画像を加工する方法

フォント」のサイズ(文字の大きさ)を任意で決めます。

透明・不透明」とは、背景画像をそのままにして文字を入れるか、背景画像を白にして文字を入れるか、の選択です。

今回は、「背景」は「不透明」、「」は「」を選択しています。

スペースに「登録する方はここをクリックしてください」と入力します。

ペイントを使って画像を加工する方法

文字を入れたスペースは、そのままの状態で配置を動かしたり、大きさを変えたりすることができます。

動かしたり、変えたりするには、ミシン目のラインにカーソルを持ってきてドラッグ&ドロップの操作で行います。

※一度確定してしまうと編集ができなくなるので、確定する前の状態(ミシン目「破線」状態)で行う必要があります。

矢印は[図形]の中にある[]をクリックして使います。

ペイントを使って画像を加工する方法

この矢印マークも入力したい場所にカーソルを持っていき、ドラッグ&ドロップの操作で大きさを調整します。

ペイントを使って画像を加工する方法

矢印マークも透明・不透明の設定が可能です。(上の画像では「透明」に設定してます)

画像に文字を入れる細かい説明については、下記の記事のほうが詳しく載っています。

ブログで使う画像に文字入れする方法を解説【ペイントソフト使用編】

おすすめ記事
ブログで使う画像に文字入れする方法を解説【ペイントソフト使用編】

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。 この記事では、ペイントを使ってブログに掲載する画像に文字入れする方法を解説していきたいと思います。 この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いていま ...

④画像の切り抜き(キャプチャーした画像を切り取る方法)

PrintScreen」キーを使ってキャプチャーすると、PC画面いっぱいの画像になります。

なので、ブログに載せる場合は不必要な部分はカットして必要な部分だけを使いたいと思うはずです。

キャプチャーした画像を使いたい部分のみに切り取る方法を教えます。

ペイントを使って画像を加工する方法

上の画像の赤枠部分を切り取ってみたいと思います。

まず、上のメニューの[選択]をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

どの位置でもいいので、4つの赤丸から左クリックを押した状態のままマウスを動かしてみてください。

ペイントを使って画像を加工する方法

ミシン目(破線)で囲まれると思います。(ドラッグ&ドロップの操作)

これで、切り取りたい部分が決まったら左クリックを離します。

ペイントを使って画像を加工する方法

やり直す場合は、左クリックを一回クリックすればミシン目(破線)が消えるので、はじめからやり直せます。

左クリックを離したら、[切り取り]をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

次に、切り取った画像を新規ページに貼り付けます。

上のメニューにある[ファイル]→[新規]をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

画像を保存するかどうかのタブが開くので[保存しない]をクリックします。

新規ページが開いたら、[貼り付け]をクリックします。

ペイントを使って画像を加工する方法

貼り付けた部分以外に白いスペースができてしまう場合には、右隅にマウスのポインターを持ってきて、左クリックを押したまま動かして消すことができます。(ドラッグ&ドロップの操作)

切り取る部分の選択域を決める時にやった操作で邪魔なスペースを削除します。

ペイントを使って画像を加工する方法

⑤画像にぼかしを入れる(キャプチャーした画像にモザイクを入れる)

報酬画面のある特定の部分(アフィリエイトIDや個人を識別するための情報など)を見せたくない場合などに使う方法です。

今回はわかりやすいように、この記事のアイキャッチ画像を使ってモザイクを入れてみます。

ペイントを使って画像を加工する方法
[選択]をクリックしてモザイクをかけたい部分を選択します。

ペイントを使って画像を加工する方法

選択した枠の右下の角にマウスのポインターをもっていき、ドラッグ&ドロップの操作(左上に移動させる)で画像を一度小さくさせます。

ペイントを使って画像を加工する方法

小さくした画像をまたドラッグ&ドロップの操作(今度は右下に移動させる)で元の大きさに戻します。

ペイントを使って画像を加工する方法

すると、選択した枠の中だけにモザイクがかかります。

おまけ:編集中に失敗してしまった場合(編集中の画像を元に戻す方法)

画像を編集している時に間違って操作をしてしまうことがあります。

ひとつ前の状態に戻す場合は、上の赤枠の中の左の[ペイントを使って画像を加工する方法]をクリックすると戻ります。

ペイントを使って画像を加工する方法

まとめ

今日は、Windowsに標準搭載されているソフト「ペイント」を使って画像の加工&編集する方法を紹介しました。

操作に慣れるまでは面倒に思えるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単に作業ができると思います。

画像の加工と編集ができるようになれば、記事の魅せ方や表現のバリエーションが増すと思いますので、アフィリエイトの報酬にも大きく影響してくるはずです。

ぜひマスターしてください。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

人気おすすめ記事

  • この記事を書いた人

孔雀

ハンドルネーム:孔雀 2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。 孔雀のブログ「専業アフィリエイター孔雀のつぶやき」ではプライベートな情報も発信中です。

-アフィリエイト基礎知識

© 2021 孔雀イズム