ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトの仕組み-超初心者の疑問を解決するQ&A-

投稿日:2017年8月11日 更新日:

こんにちは、孔雀です。

この記事では、アフィリエイトで収益化するための仕組みについて、初心者にもわかりやすく解説していきたいと思います。

アフィリエイトは、正しい知識とやり方を学んで継続していけば、サラリーマン以上の収入を稼ぎ出すことができます。

それはアフィリエイトが、これからまだまだ市場が拡大していく可能性を秘めたビジネスモデルだからです。

2019年の現在でも、ネットを使った広告ビジネスは加速し続けています。

しかし未だに、

アフィリエイトって何?

アフィリエイトってどうやって稼ぐの?

という疑問を持たれている方が、結構多いのも事実です。

今回は、アフィリエイトで収益化するための仕組みについて、超初心者でも理解できるようにQ&A形式で説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
  

アフィリエイトの仕組みQ1:なぜアフィリエイトで収入が発生するの?

A:広告を出したい企業が、膨大な広告費を出していて、その広告費がアフィリエイターに還元されるからです。

まず、ネット広告の仕組みについて簡単に説明しておきますね。

まず始めに企業が新商品やサービスを売る時には、その商品を消費者に知ってもらう必要があります。

認知度ゼロのままの商品では売れませんからね。

なので、企業はその商品の認知度を上げるためにネット上に広告を打つわけです。

これがいわゆる宣伝活動というものですね。

当然、広告を打つにはお金がかかるので、企業はここに膨大な費用を支払っています。

一方、その広告を宣伝する側に回るのがアフィリエイターです。

なので、アフィリエイターの収入は、その広告費から還元されるという形で発生します。

これが、アフィリエイトで収入が発生する仕組みというものです。

アフィリエイトの仕組みQ2:アフィリエイターが収入を得るまでの手順や仕組みを具体的に教えてください

A:アフィリエイトASPが発行した広告リンクをブログに貼って、そのリンクを経由して注文が発生した時に、広告主が設定した料金設定を元にアフィリエイト報酬が支払われます。

仕組みをわかりやすく図解すると、以下のような感じです。

アフィリエイトで収入が発生する仕組みは、アフィリエイター、ASP、広告主の3つが連動して発生します。

アフィリエイターの収入は広告費から支払われると説明しましたが、その広告費を出しているのは当然広告主です。

しかし、この両者だけではスムーズなやり取りができないために、その管理のプロであるアフィリエイトASPが仲介役として間に入っています。

つまり、広告主から広告費をもらったASPが、アフィリエイターの売上管理を委託して、アフィリエイターに報酬を支払うという仕組みです。

このアフィリエイトASPが間に入ってくれることで、

■広告主・・・注文が発生した時にのみ広告費を払うシステムが使えて、無駄な出費を抑えられる(費用対効果が高い)

■アフィリエイター・・・たくさんの広告をまとめて探し出せる。ASPに間に入って管理してもらうことで、広告主の不正を防止できる

といったメリットを、お互いで持てるようになります。

報酬が得るためにアフィリエイターが行うこと

例えば、あなたがブログを運営していたとします。

そして、ブログに広告を貼るために、ASPから広告リンクを取得してきます。

例えば、以下のような広告です。

この広告リンクをあなたのブログに貼り付けます。

すると、以下のように、広告が表示されたブログ記事が出来上がります。

訪問者が、このブログに貼ってある広告リンクをクリックして申し込みをすると、ASPからあなたに報酬が支払われる仕組みです。

アフィリエイターが実際に行うことは、これだけです。

あとは、貼った広告リンクから注文がされるような文章を書いたり、広告の配置を考えたりしながら報酬を上げる工夫を施していきます。

アフィリエイトの仕組みQ3:ASPから広告を手に入れるのは無料ですか?有料ですか?

A:無料です。

ASPから広告を手に入れるためには、まずASPの会員登録をする必要があります。

ASPというのは、広告のジャンルによって複数存在していますが、会員登録はすべて無料でできるところばかりです。

いろいろあるASPの特徴については過去の記事にまとめてあるので、そちらをご覧ください。
(→「厳選アフィリエイトASP完全網羅」)

ASPの会員になってしまえば、あとは掲載したい広告に提携申込みをして、審査に通れば無料で広告リンクを手に入れることができます。

審査とは、広告主が行うサイト(ブログ)審査です。

審査の内容は、広告を貼り付けるサイト(ブログ)がしっかり運営されているか?広告にマッチした内容であるか?などがチェックされます。

アフィリエイトの仕組みQ4:広告はどのように貼るのですか?自分で貼るの?それとも広告主が貼ってくれるのですか?

A:自分で貼り付けます。

私が主要で使っているA8ネットの広告を使って説明します。

例えば、A8ネットのエンジニアスタッフ募集の広告を貼るとします。

ちなみに、この広告はA8ネットで最高報酬額100万円の案件です。

提携申込みをして審査に通ったら、右の[広告リンク作成]ボタンが出てくるので、ここをクリックします。

すると、たくさんの広告サンプルが表示されるので、その中から使いたい広告リンクを選びます。

広告リンクが決まったら、広告リンクタグ部分すべてをコピーします。

そして、サイト(ブログ)の表示させたい箇所にそのまま貼り付けます。

実際に貼り付けると、このように表示されます
↓↓↓



A8ネットのエンジニアスタッフになりたいという人が、この広告をクリックして正社員として登用されれば、100万円の報酬がもらえるという仕組みです。

アフィリエイトの仕組みQ5:ASPはどのサイト経由で商品が買われたというのは、どこでわかるのですか?

A:ASPが発行する広告リンクタグの中に組み込まれている識別コードでわかります。

ASPで広告リンクを作成すると、その人専用の識別コードが生成されます。

下の画像は、A8ネットの広告リンクタグですが、a8mat=~以降のグレーの部分が、アフィリエイターごとに識別されたコードになります。

コードのどの部分がどのように識別しているのかは、専門的な話になってしまうので割愛しますが、この識別コードによってどのサイト経由で商品が買われたかというのがわかるようになっています。

アフィリエイトの仕組みに欠かせないcookie(クッキー)機能

アフィリエイトは、ASPが設定した再訪問期間内であれば、例えその時に商品が買われなくても、その期間内に商品が買われれば、報酬が発生する仕組みになっています。

これをクッキー(cookie)機能と言います。

クッキーとは、クリックしたユーザーのPCにデータが記録される機能のことです。

これによって、楽天アフィリエイトは30日間、Amazonアフィリエイトは24時間といった再訪問期間が設けられるようになります。

つまり、楽天アフィリエイトは1度クリックしたユーザーが再訪問期間である30日以内に商品を購入した場合なら、アフィリエイト報酬が発生するということです。

ただし、30日以内に別のアフィリエイトリンクをクリックしてしまうと、その時点でクッキーは無効となり、報酬が発生しなくなってしまいます。

そうなった場合、今度は新しく踏まれたアフィリエイトリンクが新しくクッキーが有効になるということです。

アフィリエイトの仕組みQ6:報酬が発生したら、どんな経路でその収入を受け取れるのですか?

A:ASPに登録した口座に振り込まれます。

ASPの会員登録時、または会員登録した後に、報酬を受け取るための口座情報の登録を行います。

下の画像は、A8ネットの口座情報入力画面です。

その登録した口座情報に、各ASPが設定した支払い条件(報酬額1,000円以上、毎月15日など)を満たした場合に振り込まれます。

各ASPによって、振込手数料の有無があります。

アフィリエイトの仕組みQ7:アフィリエイトで月収100万円は可能ですか?

A:きちんとビジネスと捉えて取り組んでいけば、全然可能です。

きちんとビジネスとして取り組んでいくことができれば、というのが前提です。

初心者が勘違いしやすいのは、広告を貼ったページをたくさん作れば儲かると思ってしまうことです。

しかし、広告をクリックして購入するのは人間です。

どんなにたくさんの広告ページを作ったとしても、その広告に魅力を感じなければクリックすらもしてもらえません。

その広告の商品を買うためには何かしらの得を感じなければ、訪問者は購入に至りません。

その得を与えられなければ、アフィリエイトで収入を得ることはできないでしょう。

なので、アフィリエイトをきちんとビジネスと捉えて取り組んでいくことができれば、月収100万円は全然可能です。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

-アフィリエイトの始め方
-, , ,

Copyright© アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。