ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ内検索

ブログ作成

「WP QUADS」でアフィリエイトコードを自動挿入できるように設定する方法を解説

2017年4月24日

こんにちは、孔雀です。

この記事では、WordPressプラグイン「WP QUADS」を使って、アフィリエイトコードを自動挿入できるように設定する方法について解説していこうと思います。

この記事を読むべき人

  • 「WP QUADS」の設定・使い方について知りたい人
  • 「WP QUADS」を使ってアフィリエイトコードを自動挿入したい人

「WP QUADS」というプラグインは、Googleアドセンスのコード、またはそれ以外のアフィリエイトコードを自動的に記事内に挿入させることができるプラグインです。

スポンサーリンク

「WP QUADS」で出来ること

「WP QUADS」を使うと、主に以下のようなことができるようになります。

WP QUADSで出来ること

    ①あらかじめ登録しておいたアフィリエイトコードを指定した記事内に挿入することができる
    ②アフィリエイト広告の表示・非表示が記事ごとに設定できる
    ③記事編集ページのクイックタグボタンを使ってワンクリックでアフィリエイトコードを挿入することができる。

要するに、「WP QUADS」を使うと、わざわざアフィリエイトリンクを取得してコピペする手間がなくなるということです。

グーグルアドセンスの広告リンクなどは、あらかじめ登録しておけば記事内の決まった箇所に挿入できたり、どこでも好きな箇所に挿入できたりします。

まずは、「WP QUADS」のプラグインをWordPressにインストールする手順からです。

「WP QUADS」のインストール方法

プラグイン」の「新規追加」からキーワード欄に「WP QUADS」と入力して検索します。

いくつかのプラグインが検索されますが、作者が「WP Quads」になっているプラグインです。(※下の画像参照)

今すぐインストール」をクリックして、有効化します。

「WP QUADS」のインストール方法

「WP QUADS」の設定方法

それでは、上で紹介した「WP QUADSで出来ること」を元にして、具体的な設定方法を解説していきます。

アフィリエイトコードを指定した記事内に自動挿入する設定方法

アフィリエイトコードは何でもOKなのですが、今回はわかりやすくするためにアドセンスコードを指定した記事内に挿入するやり方を解説します。

まずは、アドセンスコードを記事内のどの箇所に挿入するかの設定です。

この記事では、「WP QUADS」の旧バージョンの設定画面で解説していきます。

左メニューにある「WP QUADS」⇒「Return to Classic view」をクリックし、旧バージョンの設定画面を表示させます。(※その後の設定は「Ad Settings」から行えます)

「WP QUADS」の設定方法

すると、アドセンスコードを記事内のどの箇所に挿入するかの設定画面が表示されます。

「WP QUADS」の設定方法

上から順に設定内容を解説していきます。

「Limit Amount of ads」とは?

Limit Amount of ads」とは、1記事内に表示させる広告の上限の設定です。

現在、Googleアドセンス広告の上限数はなくなったので、特に設定する必要はないかと思います。

「Position - Default Ads」とは?

Position - Default Ads」とは、どの広告を記事内のどの箇所に挿入するかの設定です。

Position(挿入位置)についての具体的な説明は下記に載せておきます。

・「Beginning of Post」→記事の先頭に挿入

・「Middle of Post」→記事の中央に挿入

・「End of Post」→記事の終わりに挿入

・「after the (more) tag」→moreタグの後に挿入

・「before the last Paragraph 」→最後の段落の前に挿入

・「After Paragraph 1~50」→指定した段落の後に挿入

・「After Image 1~50」→指定した画像の後に挿入

※プルダウンの「Random ad」のad1~ad10の登録は、下で説明する「AdSense Codeの設定」で設定します。

moreタグは、記事編集ページに直接記述する必要があります。

指定した段落とは、Hタグ(記事の見出し部分)のことです。

挿入したい場所にチェック(左にあるチェックボックス)を入れれば、あらかじめ登録しておいた広告タグ(アフィリエイトコード)番号の広告が自動的に表示されるようになります。

広告タグ(アフィリエイトコード)番号とは、次の「アフィリエイトコード(アドセンスコード)の設定」で追加する「Ads」の番号です。(※下で解説します)

「Visibility」とは?

トップページ、カテゴリーページ、アーカイブページ、タグページに表示させるかどうかの設定です。

投稿ページ以外でもアドセンス広告を表示させたい時にチェックを入れます。

私は投稿ページ以外で広告を貼ってもあまり意味がないと思っているので、ここのチェックはすべて外しています。

その下にあるチェックボックスの内容は以下の通りです。

・「Hide AdsWidget on Homepage」→ウィジェット設定した広告のみ非表示にしたい場合はチェックを入れます。

・「Hide Ads when user is logged in.」→ユーザーがログインした時の広告を非表示にしたい場合はチェックを入れます。

「Post Types」とは?

投稿ページと固定ページに表示させるかの設定です。

postが投稿ページでpageが固定ページとなります。

私は固定ページをあまり使っていないので、postのみにチェックを入れています。

「Quicktags」とは?

記事の編集ページにクイックタグボタンを追加するかの設定です。

ボタンを追加することで広告タグ(アフィリエイトコード)をワンクリックで入力することができます。

記事編集画面にアイコンが追加され、ここからワンクリックで挿入や設定が可能です。

ビジュアルモードでの表示
↓↓↓

「WP QUADS」の設定方法

テキストモードでの表示
↓↓↓

「WP QUADS」の設定方法

記事の編集時に広告タグを入れたくなる場合も出てくると思いますので、チェックを入れておいたほうがいいと思います。

クイックタグボタンを使って広告タグ(アフィリエイトコード)を挿入する方法については、下の「クイックタグボタンを使ってワンクリックでアフィリエイトコードを挿入する方法」で解説しています。

すべての設定が済んだら「変更を保存」をクリックします。

スポンサーリンク



アフィリエイトコード(アドセンスコード)の設定

今度は、指定した挿入箇所に表示させるアフィリエイトコード(アドセンスコード)の設定です。

上部メニューの「Ads」という部分をクリックします。

「WP QUADS」の設定方法

すると、以下のように10種類(Ad1~Ad10)の追加項目が表示されるはずです。

「WP QUADS」の設定方法

設定するアフィリエイトコードは、アドセンス以外の広告でも大丈夫です。

ここで登録したアフィリエイトコード(アドセンスコード)は、上で設定したQuicktagsにチェックを入れることでワンクリックで入力が可能になります。

それぞれの「Ads」をクリックすることで追加できるようになります。

「WP QUADS」の設定方法

Plain Text / HTML / JS」にチェックを入れ、空欄にアフィリエイトコード(アドセンスコード)を記述します。

Layout」とは、アフィリエイトコード(アドセンスコード)を左(右にテキスト回り込み)、中央、右(左にテキスト回り込み)のどこに表示させるかの設定です。

Margin」とは、アフィリエイトコード(アドセンスコード)周りの余白の設定です。

すべての追加が完了したら、「変更を保存」をクリックします。

ちなみに、アドセンス広告をWP QUADSで自動で挿入させる設定方法については、下記の記事に詳しく記載しています。

⇒「アドセンスの広告ユニットを自動で挿入させる、効果的な貼り方と設定方法

おすすめ記事
アドセンスの広告ユニットを自動で挿入させる、効果的な貼り方と設定方法

こんにちは、孔雀です。 今回は、当ブログ運営者の私が実践しているGoogleアドセンスの広告ユニットの効果的な貼り方と配置場所、自動挿入させる設定方法を紹介していきたいと思います。 この記事は、初めて ...

アフィリエイト広告の表示・非表示を記事ごとに設定する方法

記事ごとにアフィリエイト広告の表示・非表示を設定する方法は、記事編集ページから行います。

記事編集ページの下部にある「WP QUADS-Hide Ads」で部分非表示設定が出来ます。

チェックを入れることで、その部分が非表示になります。

アフィリエイト広告の表示・非表示を記事ごとに設定する方法

それぞれのチェック項目の説明は、下記の通りです。

・[Hide all ads on page]・・・すべての広告を非表示

・[Hide default ads, use manually placed ads]・・・デフォルトの広告を非表示にし、手動で配置した広告を表示

・[Hide all ads in sidebar]・・・サイドバーのすべての広告を非表示

・[Hide ad on beginning]・・・最初の広告を非表示

・[Hide ad in middle]・・・中央の広告を非表示

・[Hide ad on end]・・・最後の広告を非表示

・[Hide ad after MoreTag]・・・Moreタグの後の広告を非表示

・[Hide ad before last paragraph]・・・最後の段落の前の広告を非表示

クイックタグボタンを使ってワンクリックでアフィリエイトコードを挿入する方法

上の「Quicktags」とは?」の項目で、クイックタグボタン追加のチェックを入れると、記事編集ページからワンクリックでアフィリエイトコードを挿入できるようになります。

クイックタグボタンとは、記事編集ページに追加されるアイコンです。

「ビジュアルモード」と「テキストモード」によってクイックタグボタンの呼び出し方が違います。

ビジュアルモードでの表示

「WP QUADS」の設定方法

クイックタグボタンをクリックして表示される「Ad1~Ad10」を選択することで、今まで登録したアフィリエイトコード(アドセンスコード)をワンクリックで挿入できます。

「WP QUADS」の設定方法

テキストモードでの表示

「WP QUADS」の設定方法

テキストモードの場合は、今まで登録したアフィリエイトコード「Ad1~Ad10」のアイコンが記事編集ページにそのまま表示されます。

挿入したいアイコンをクリックすることで、ワンクリックでアフィリエイトコードを呼び出せます。

まとめ:「WP QUADS」でアフィリエイトコードを自動挿入できるように設定する方法を解説

今回は、アフィリエイトで使えるWordPressプラグイン「WP QUADS」の設定方法や使い方について解説してみました。

「WP QUADS」のプラグインを入れることで指定した広告を指定した位置に自動で挿入することができるようになります。

1ページの記事内に複数のアドセンス広告を入れる場合は、手動で1つずつ挿入していくよりも挿入箇所をあらかじめ決めておいて自動で挿入するように設定したほうが楽です。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

人気おすすめ記事

  • この記事を書いた人

孔雀

ハンドルネーム:孔雀 2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。 孔雀のブログ「専業アフィリエイター孔雀のつぶやき」ではプライベートな情報も発信中です。

-ブログ作成

© 2021 孔雀イズム