アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり

アフィリエイトブログの始め方から月収100万円以上稼ぐまでの記録を綴ったブログ。

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

雑記

アフィリエイトで使うLP(ランディングページ)とは

更新日:

こんにちは、孔雀です。

今日は、アフィリエイターが使うLP(ランディングページ)とは、どのようなページのことを言うのかについて書いていきたいと思います。

LP(ランディングページ)とは、商品やサービスの販売、メールマガジンの登録などを目的に作られたページのことです。

特徴は、縦に長い1カラムの構成になっていて、1ページ1商品だけを取り扱うペラページのような作りです。

スポンサーリンク

アフィリエイトで出てくるLP(ランディングページ)って何?

私はアフィリエイターなので、アフィリエイトで使っているLP(ランディングページ)という枠で説明していきます。

LP(ランディングページ)とは、アフィリエイターが商品を紹介するために作成するページではなく、広告主などが商品を売るために作成するページのことを言います。

なので、LP(ランディングページ)はアフィリエイターが作るようなものではありません。
(例外はあります。メルマガ登録を目的に「Colorful(カラフル)」を使ってLP(ランディングページ)を作るアフィリエイターもいます)

わかりやすく言うと、美容系の商品の販売ページなどがそれにあたります。

A8netで美容系の広告提携する時に出てくる「広告主サイト」をクリックするとわかるのですが、ほとんどのページが縦に長く伸びた1カラムの構成になっているはずです。

あとは、情報商材を販売しているインフォトップの商品ページもほとんどが縦に長く伸びた1カラムの構成です。

なのでアフィリエイターの場合で言えば、このLP(ランディングページ)に誘導させる記事をひたすら書いていけばいいわけというわけです。

LP(ランディングページ)とはどんな目的で作成されるのか?

LP(ランディングページ)の役割とは、アクション(購入、申込、登録)を起こしてくれそうな人を集客して、きちんとアクションを起こしてもらうことです。

LP(ランディングページ)が1ページ1商品で、縦に長く伸びた1カラムの構成になっているのには意味があります。

それは、売るための導線を1つに絞るためです。

どういうことかと言うと、商品に興味を持ってくれた人に対して、その商品だけを伝えて購入に至ってもらうことを目的に作られているということです。

なので、入口(訪問)から出口(購入)までが一方通行になっています。

関連商品リンクやカテゴリリンクなどは一切入っていません。

そして、LP(ランディングページ)制作の段階でターゲットもすでに決められていて、そのターゲットを呼び込んだ段階で売れるような施策もされています。

ただ、LP(ランディングページ)というのは、1ページ1商品という構成で作られている外部リンクなしの完全なペラページなので、検索エンジンからアクセスを集めるのには不向きになります。

なので、LP(ランディングページ)の集客は、PPC広告を打っての集客、もしくはアフィリエイターに記事を書いてもらって集客するような形になります。

LP(ランディングページ)とブログのページの違いとは何なのか?

LP(ランディングページ)とブログのページの違いは、1ページ完結型かどうかといった、目的の違いですね。

LP(ランディングページ)は、1つのアクション(購入、申込、登録)だけに絞って完結させるのが目的ですが、ブログのページは、そこまで目的を絞り込んでいません。

しかし、広告主でもLP(ランディングページ)とは別に会社のブログがあったりしますよね。

「会社のブログがあるなら、そのドメインを使って商品を紹介すればいいのに」と思うかもしれませんが、そこは敢えてやらないんですね。

やらないのにはちゃんと意味があります。

もともとある会社のブログのドメインを使ってLP(ランディングページ)用の記事を書いてしまうとターゲットとキーワードが分散してしまうからです。

そして、ブログのサイドメニューにある関係のないカテゴリリンクに興味が引かれて離脱してしまう可能性が高くなるからです。

なので、商品を売るためのLP(ランディングページ)ページと会社の情報を発信するブログページはきちんと分けたほうが、長い目で見ると成約率が上がります。

それぞれの役割を考えて戦略を立てるなら、ブログ内の個別記事から集客して、そこからLP(ランディングページ)にリンクを張って成約に結び付けるといった流れが理想的です。

この考え方は、アフィリエイトにおいても通用する考え方です。

集客用記事と収益化記事をきちんと分けて書いていくことは、ブログでマネタイズしていくための基本です。

まとめ

今回は、アフィリエイターが使うLP(ランディングページ)とは、どのようなページのことを言うのかについて書いてみました。

訪問してきた人を最短ルートで購入に持っていく作りであることを考えると、そのLP(ランディングページ)を見ているだけでもアフィリエイターにとっていい勉強になると思います。

アフィリエイターは、アフィリエイトする商品に興味がある人をブログに集客して、ライティングを使ってその訪問者をLP(ランディングページ)に誘導するのが仕事です。

その誘導した訪問者が商品を購入するか、しないかは、LP(ランディングページ)の出来に左右されますが、できるだけ購入意識の強い訪問者をLP(ランディングページ)に誘導できるようにしたいものです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

-雑記

Copyright© アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.