ランキングに参加中です♪
応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
↓↓↓

ブログ内検索

アフィリエイト基礎知識

【初心者必読】Webライティングが上達するコツ7選-読まれる記事はこう書け!

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、Webライティングが上達するコツについて解説してみたいと思います。

この記事は、主に以下のような人をターゲットに書いています。

この記事を読むべき人

  • これからWebライターの仕事をしてみたい人
  • Webライティングのコツについて知りたい人
  • Webライティングを上達する方法について知りたい人

Webライティングは、「普通に文章が書ける」とはまた違ったスキルが必要です。

今回は、これからWebライターの仕事をする人に向けて、Webライティングを上達させるための7つのコツについて解説していきたいと思います。

この記事を読むことで、Webライターとしてのライティングスキルの基礎が理解できます。


スポンサーリンク

Webライティングが上達するコツ7選

まずWebライティングに求められるスキルには、主に2つあります。

①SEOを意識した記事が書けるか?
②コンバージョンに繋げる記事が書けるか?

SEOを意識した記事とは、特定の検索キーワードで上位表示させられる記事のことですね。

そして、コンバージョンに繋げる記事とは、特定の商品やサービスを読者に紹介して、何かしらのアクション(購入や登録など)を起こさせる記事のことです。

この2つのことができるようになれば、Webライティングのスキルがあると言えます。

それでは、Webライティングが上達するために何をし、どんなことに気を付けて記事を書いていけばいいのか?についての話に入っていきます、

Webライティングが上達するコツとしては、以下の7つが重要になってくるかと思います。

①事前に記事設計を作っておく
②はじめに結論を述べてしまう
③読者が求めていない情報は書かない
④複雑なものは箇条書きでまとめる
⑤一文は簡潔にわかりやすくする
⑥文の語尾は統一する(「です」「である」の混同はNG)
⑦改行はほどよく空ける

それぞれ1つずつ解説していきます。

①事前に記事設計を作っておく

まず、文章を書き始める前に、どんな記事に仕上げるのかを設計しておきます。

最初に記事設計をしておかないと、SEOが全く機能しない記事になります。

SEOについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

そして、記事全体の一貫性がなくなって、内容がブレまくります。

これを防ぐためにも、最初に記事設計しておいてから書き始めるのが鉄則です。

例えば、以下のような記事設計のテンプレートを事前に用意しておくと便利です。

記事設計テンプレート

■主張

■ターゲット

■ターゲットが抱える悩みや疑問

■キーワード選定

■記事のタイトル名

■見出し

上記の記事設計テンプレートは、実際に私が記事を書く時に使っているものです。

もし、使えそうだと思ったらコピペして使ってください。

ちなみに、この記事の記事設計書は、以下をクリックすると確認できます。

この記事の記事設計書のサンプル

記事設計テンプレート

■主張

⇒Webライティングのコツを解説する

■ターゲット

⇒①これからWebライターの仕事をしてみたい人

⇒②Webライティングのコツについて知りたい人

⇒③Webライティングを上達する方法について知りたい人

■ターゲットが抱える悩みや疑問

⇒文章がうまく書けない
⇒文章をうまく書きたい
⇒文章を書くの遅い
⇒文章を書くスピードを上げたい
⇒どういう流れで記事を書けばいいのかがわからない
⇒記事構成の型が知りたい

■キーワード選定

⇒「webライティング」
⇒「webライティング コツ」
⇒「ライティング 初心者 コツ」

■記事のタイトル名

⇒【初心者必読】Webライティングが上達するコツ7選-読まれる記事はこう書け!

■見出し

見出し1:Webライティングが上達するコツ7選
 見出し2:事前に記事構成を作っておく
 見出し2:はじめに結論を述べてしまう
 見出し2:読者が求めていない情報は書かない
 見出し2:複雑なものは箇条書きでまとめる
 見出し2:一文は簡潔にわかりやすくする
 見出し2:文の語尾は統一する(「です」「である」の乱用)
 見出し2:改行はほどよく空ける
見出し1:まとめ:【初心者必読】Webライティングが上達するコツ7選-読まれる記事はこう書け!

スポンサーリンク



②はじめに結論を述べてしまう

Webライティングは、結論から先に書いてしまうのが基本です。

Web上の記事はガッツリと読もうとする人は少なく、早く答えを知りたいという人のほうが圧倒的に多いです。

記事構成の基本的な流れとしては、以下のような感じにするのが理想です。

「結論」⇒「理由」⇒「結論」

最初に結論を述べておき、そうなる理由と根拠を示した上でまた結論を述べて納得してもらう流れですね。

正直、結論を述べるまでの前置きはWebライティングには不要です。

③読者が求めていない情報は書かない

Webライティングでもオリジナリティを出していくことはとても大事です。

でも、自分語りをすることとオリジナリティは全く別のものです。

結論をわかりやすく伝えるために自分の体験談を織り交ぜるのはいいのですが、何のために今ここでこの体験談を入れているのかがわからないような箇所には入れないことです。

読者が求めていない情報は書かない意識が大事です。

④複雑なものは箇条書きでまとめる

結論を説明するための理由や根拠が複数になる場合には、わかりやすく箇条書きでまとめておくことが効果的です。

5つ以上ある理由や根拠をダラダラと文章で説明してもわかりづらいです。

一度見ただけで何が書いてあるのかを視覚的に把握できるように、複雑なものは見出しを付けたり、箇条書きでまとめるなどするといいでしょう。

⑤一文は簡潔にわかりやすくする

一文は簡潔にわかりやすく短くまとめるのが、文章を書く時の基本です。

文章は、区切れるところはどんどん区切ってしまったほうが読みやすいです。

初心者ほど一文を長くして意味のわからない文章にしてしまいがちなので気を付けておきたいところです。

書いた後に必ず読み返してみると、つじつまの合わない箇所が見つかりやすいです。

⑥文の語尾は統一する(「です」「である」の混同はNG)

文の語尾は統一させるのも大事です。

よくあるのが、「です」と「である」の乱用ですね。

この2つの語尾を混同させて文章を書いてしまうと、書き手の人格が定まらずに読者を混乱させてしまいます。

こういった読者に違和感を与えてしまうような使い方はしないほうがいいですね。

文の語尾は統一するようにしましょう。

⑦改行はほどよく空ける

文章を改行なしで書いていくのはNGです。

かといって、空けすぎるのもNGですね。

たまに、文と文の間に2行、3行と改行する方がいますが、これだと視点を大きく動かさなければいけなくなるので、逆に目が疲れて読みづらいです。

理想は、文と文の間に1行の改行を入れることですね。

このくらいがバランスが取れて読みやすくなります。

まとめ:【初心者必読】Webライティングが上達するコツ7選-読まれる記事はこう書け!

今回は、これからWebライターの仕事をする人に向けて、Webライティングを上達させるための7つのコツについて解説してみました。

もう一度、Webライティングが上達するコツをまとめると、以下のような感じです。

①事前に記事設計を作っておく
②はじめに結論を述べてしまう
③読者が求めていない情報は書かない
④複雑なものは箇条書きでまとめる
⑤一文は簡潔にわかりやすくする
⑥文の語尾は統一する(「です」「である」の乱用)
⑦改行はほどよく空ける

Webライティングは、「普通に文章が書ける」とはまた違ったスキルが必要です。

それは、SEOを意識した記事とコンバージョンに繋げる記事が書けるかどうかですね。

これからWebライターの仕事する方は、この記事に書いてあることを実践していけば、Webライティングの基礎は身に付けられるはずです。

あとは、ひたすら書き続けることですね。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ
  • この記事を書いた人

孔雀

ハンドルネーム:孔雀 2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。 孔雀のブログ「専業アフィリエイター孔雀のつぶやき」ではプライベートな情報も発信中です。

-アフィリエイト基礎知識

© 2020 孔雀イズム