アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり

アフィリエイトブログの始め方から月収100万円以上稼ぐまでの記録を綴ったブログ。

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

記事作成

アフィリエイト初心者が稼ぐための商品紹介ブログ記事の書き方

更新日:

こんにちは、孔雀です。

ブログで扱うジャンルというのは、人それぞれに書きたいテーマというものがあるので、なるべく得意なテーマを選択すべきでしょう。

ところが、テーマが決まった後に実際にブログを書くとなると、初心者の方は何を書いていいのかわからなくなると思います。

特に、アフィリエイトを絡める記事を書くとなると余計に困惑してしまうのではないでしょうか?

今日は、そんなアフィリエイト初心者の方の悩みを解決すべく、アフィリエイトで稼ぐための商品紹介ブログ記事の書き方について説明してみたいと思います。

アフィリエイトで稼ぐためには、アフィリエイトを意識した記事の書き方が必要です。

アフィリエイトを意識した記事とは、ただ単純に読者に読んでもらうことを目的に書くブログ記事の書き方とは異なります。

なので、しっかりとマネタイズするための正しい商品紹介記事の書き方を学ぶ必要があります。

スポンサーリンク

アフィリエイト用(商品紹介用)ブログ記事と普通のブログ記事の書き方の違い

アフィリエイトで稼ぐためには、アフィリエイトを意識した記事の書き方が必要です。

それでは、アフィリエイト用(商品紹介用)ブログ記事と普通のブログ記事の書き方の違いについて説明します。

アフィリエイト用(商品紹介用)ブログ記事とは、その記事内でアフィリエイトの成約を取っていくことを目的に書かれた記事です。

なので、訪問者に読んでもらえればそれでおしまいというような記事ではなく、いかにして購入してもらうかを意識した文章で書いていかなければいけません。

そして、普通のブログ記事とは、読ませることを目的に書かれた記事です。

特に訪問者にアクションを起こしてもらう必要がなく、読んでもらえればそれで完結するのが普通のブログ記事です。

クリック報酬で稼ぐグーグルアドセンス目的の記事の書き方は、こちらに当てはまります。

以上を踏まえると、アフィリエイト用(商品紹介用)ブログ記事と普通のブログ記事の書き方というのは、決して同じ書き方をしてはいけないということがわかると思います。

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、日記記事から早く脱却しなければいけない

アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、日記調で書く記事から早く脱却しなければいけません。

つまり、主観的に自分の書きたいことを書いている記事では稼げないということです。

なぜなら、アフィリエイトで稼ぐということは、訪問してきたユーザーに商品を買ってもらうということです。

なので、アフィリエイターが記事を書く目的はただ一つ、訪問者が求めている商品を気持ちよく買ってもらうことです。

アフィリエイターはそのために全精力を注ぎ込むべきです。

訪問者の検索意図から外れた自己満足の記事から報酬が発生するほど、アフィリエイトは単純なものではなくなりつつあります。

なので、アフィリエイトで稼ぐためには日記記事のような書き方から早く脱却して、セールスライティングとしての記事の書き方をしっかりと学ぶべきです。

アフィリエイト用商品紹介ブロブ記事の書き方

それでは、商品紹介記事を書いてマネタイズしていくブロブ記事の書き方について説明していきます。

これは、すでに紹介したい商品が決まっている場合に書く記事ですね。

アフィリエイトで一番収入に直結しやすいのが、この商品紹介記事です。

商品紹介記事には、大きく分けて3種類の書き方があります。

「ランキング記事」「レビュー記事」「悩み系記事」

それでは、この3種類の書き方について詳しく説明していきたいと思います。

ランキング記事の書き方

ランキング記事のテンプレートランキング記事とは、ランキング形式で複数の商品を取り上げて比較紹介していく記事です。

なので、取り扱う商品は比較できる同じジャンルの商品にします。

よく見かけるのは、売れ筋ランキング、年代別ランキングなどがありますが、どういうランキングにするかは運営者の自由です。

「運営者が選ぶおすすめランキング」でも全然問題ありません。

すでにそこにオリジナリティが生まれているので、逆にそのほうがいいのかもしれません。

ランキング記事を検索してくる人というには、以下のような属性の人たちです。

  • 購入する商品が決まっておらず、それに関連する商品を漠然と探している人たち
  • 購入する商品が決まっていて、それに関連する複数の商品を比較して選びたいと思っている人たち

なので、複数の商品をランキング形式で見せてあげることで、短時間で目的の商品にたどり着けるようにしてあげることができます。

これがランキング記事の役目です。

ランキング記事の書き方のポイントは、以下の通りです。

■比較できるポイントを見つけてランキング化する
  • 商品の価格、スペックなど、数値化できるものは一覧表にまとめて見やすくする
  • 購入する時に気になるポイントを見つけ出して、そこを比較する
■商品の紹介文は簡潔にまとめる
  • 訪問者は少ない時間で多くの商品を見たがっているので、1つの商品を長い文章で紹介するのは避け、わかりやすく簡単にまとめた文章を載せる

ランキング記事でのアフィリエイトリンクの効果的な配置は、ランキングで紹介した商品ごとに広告を挿入してあげるといいです。

できれば、どんな商品なのかが一目でわかる商品画像を使うと効果的です。

レビュー記事の書き方

レビュー記事のテンプレートレビュー記事とは、実際にその商品を購入して使ってみた感想を書いていく記事です。

商品の購入を検討している人というのは、実際にその商品を使った人の生の声を知りたがっています。

なので、レビュー記事が商品の購入を検討している人に対して、買う価値があると判断できるような内容で書かれていれば、特におすすめしなくても購入に至るケースが多いです。

それだけ、レビュー記事は成約に繋がりやすい記事とも言えます。

それでは、成果につながりやすいレビュー記事を書くためにはどんなことに注意して書いていけばいいのでしょうか?

書く時のポイントをまとめてみます。

文章として書く場合は、以下の内容を事細かく書いていくといいです。

■その商品に出会ったきっかけは?

→悩みを解決するための商品(例:ニキビ対策クリーム、育毛剤)なら、

「顔のニキビが酷く、それを解決したくてネットで情報を検索していたら、この商品にたどり着いた」

「今の髪の毛を育毛することから始めたくてネットで情報を検索していたら、この商品にたどり着いた」

など、自分の悩みからその商品と出会うまでの経緯を事細かく書いていくことで、同じことで悩んでいる人が共感してくれる記事になります。

■なぜ、その商品を購入したのか?

→何を基準にその商品を選んだのか?

その商品を購入するまでに悩んだこと

もし比較していた商品があったら、なぜそちらを選ばなかったのか?

などを書いていきます。

購入に踏み切れない読者が同じような迷いを感じているならば、共感を与えることができます。

■その商品の使い心地は?

→購入する前に疑問に思っていたことを、実際に使ってみてどうだったのかについて書いていくと、買おうとしてる人が参考になる記事に仕上がります。

例えば、紹介する商品がサプリメントであった場合、

「副作用が気になっていたが、飲み始めて数カ月経過しても副作用は起きなかった」

というように、実際に飲んで確認した内容を記事に書くことで、同じ疑問を抱えて購入に踏み切れないでいた人の背中を押すことができます。

■その商品を購入してどんな得(ベネフィット)を味わえたのか?

→決して、商品の説明文にならないように気を付けましょう。

人が商品を買う理由は、その商品自体が欲しくて買うわけではありません。

その商品を手にすることで得られるワクワク感、つまり感情を手に入れたいわけです。

例えば、

サプリメント→健康な体になることで、痛みのない幸せな気分を味わいたい。

化粧品→美しくなることで、周りから「キレイだね」って言われたい。

育毛剤→髪をフサフサにすることで、モテたい。

そのワクワク感を、余すことなく書き上げてください。

レビュー記事とは、実際に使ってみた感想を書いていく記事なので、思う存分その商品について感じたことなどを書いていくといいでしょう。

そして、実際に商品が手元にあるわけですから、読者にイメージしてもらえるようにどんどん写真などを掲載していきましょう。

  • 包装されてきた状態の写真
  • 開封後の写真
  • 使用している時の写真

商品に関する写真や画像をブログに載せることで、今購入を検討している読者をワクワクした気分にさせることができます。

そして、レビュー記事を見にくる訪問者というのは、その商品に対して何か引っ掛かるものがあって購入をためらっている人がほとんどです。

その引っ掛かる何かを解消させてあげることも、レビュー記事の役目です。

なので、レビュー記事を書く場合には、これから購入しようと考えている人が、その商品について何を知りたがっているのかをしっかりとリサーチして書くことも重要です。

商品のリサーチを行う場合は、実際に商品を購入して使用したことのある人の口コミや、その商品に対して疑問を持った人が書き込んだ掲示板(Yahoo知恵袋など)などが参考になります。

レビュー記事でのアフィリエイトリンクの効果的な配置は、すべての記事を読み終えた一番最後に貼るのがいいです。

しかし、レビュー記事に訪れる人はすでに商品を知っている人がほとんどなので、どこにアフィリエイトリンクを貼るかは、そんなに気にしなくてもいいと思います。

悩み系記事の書き方

悩み系記事のテンプレート悩み系記事とは、悩みを抱えている人を集客して、「その悩みを解決できる商品はこれですよ」と提案してあげる記事です。

なので、悩み系記事でアフィリエイトする場合は、商品紹介から入らずに悩みの共感から入っていきます。

なぜなら、悩み系記事にたどり着く訪問者は、悩みを解決するための情報を求めて訪問してくるだけなので、始めから商品を購入しようとは思っていない人たちだからです。

そんな人たちに、最初から商品を提示しても「???」となるだけです。

まずは、商品を購入する動機を強く認識させることです。

悩み系記事を書く場合は、悩みの共感から入って、商品を売るまでの流れが重要になってきます。

アフィリエイトしたい商品が決まったら、まずはその商品の特徴をよく理解した上で文章の構成を考えていきます。

以下のような流れで文章を書いていくと、訪問者に違和感を与えないで購入にもっていけるような記事が書けます。

■問題提起(悩みを認識させて共感を得る)

・その商品を購入する訪問者が抱えそうな悩みを明確化して提示する。

「こんなことで悩んでいませんか?(実は以前私も同じ悩みを抱えていました)」

「このまま放置していると危険です。」

というような流れで、悩みに共感しながら、放置していると危険であることを伝えます。

■解決策(商品の存在を知らせる)

・悩みを解決する商品の存在を知らせる。

「でも安心してください。」

「そんな悩みを解決する方法があります。」

「それが、この商品です。」

というような流れで、悩みを解決するための商品を提案します。

■根拠(商品紹介)

・その商品が悩みを解決できるという根拠を示す。

商品の特徴を活かして、悩みを解決できる根拠(理由)をあらゆる角度から説明していきます。

そして、商品そのものの良さだけではなく、その商品を手にすることで得られるベネフィット(ワクワク感、お得感)についても明確に伝えます。

■行動を喚起させる(商品購入を促す)

・一通り商品の良さを伝えきったら、再度商品の良さを伝えて、購入しやすいように背中を押してあげます。

商品の良さを理解できたとしても、最後に背中を押してあげないと購入できないという人が結構います。

もう一度だけ商品の良さを伝えて、迷わず購入できるようなきっかけを与えてあげましょう。

悩み系記事でのアフィリエイトリンクの効果的な配置は、記事の最下部になります。

悩み系記事は、しっかりと最後まで読んでもらって成約に結び付く記事なので、絶対に記事の冒頭部分には貼らないようにしましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトで稼ぐための商品紹介記事の書き方について説明してみました。

上で説明した記事の書き方は、ほんの一例に過ぎません。

紹介する商品によってもやり方が変わってきますし、運営するブログのジャンルによっても書き方が変わってきます。

なので、あくまでも初心者が理解しやすいような形で書いていますので、どういう風に記事を書いていいのかわからないような方は参考にしてみてください。

ちなみに、この記事の元ネタとなっているのが「ネットビジネス大百科」の中で説明されているコピーライティングの基本となる部分です。

もっと深くコピーライティングを究めようと思ったら、訪問者がどんな心理状態で購入まで至るのかといった心のプロセスまで理解する必要が出てきます。

ここまでのコピーライティングスキルが身に付けば、どんな商品をアフィリエイトしても稼げる記事が書けるようになります。

本格的にコピーライティングのスキルを学習したい方は、ネットビジネス大百科がとても役に立ちます。

ネットビジネス大百科-アフィリエイトの王道教材の内容-

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
人気ブログランキングへ

-記事作成

Copyright© アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。