アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり

アフィリエイトブログの始め方から月収100万円以上稼ぐまでの記録を綴ったブログ。

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

SEO

SEOを最大限に生かすブログ記事タイトルの付け方と適切な文字数

投稿日:

こんにちは、孔雀です。

この記事では、SEOを意識したブログ記事タイトルの付け方と適切な文字数について解説していきます。

ブログ記事のタイトルの付け方で頭を悩ませている方には参考になる記事です。

この文章を書いている私の実績については、こちらで確認できます。

ブログ記事のタイトルの付け方は、今後その記事がどのくらいアクセスを呼び込んでくれるのかを左右する、とても重要なことです。

なぜなら、ブログ記事のタイトルによってその記事が何について書かれているのかを検索エンジンが認識し、順位付けするからです。

なので、記事の内容にふさわしくないタイトルにしてしまうと、せっかく書いた記事にアクセスが集まらないといったことになりかねません。

検索エンジンで上位表示を狙っていきたいのなら、ブログ記事のタイトルの付け方はしっかりと学んだほうがいいです。

スポンサーリンク

SEOを意識したブログ記事タイトル名の適切な文字数は?

SEOを意識した場合、ブログ記事のタイトル名には適切な文字数というものがあります。

例えば、読者にわかりやすく伝えるために100文字といった長いタイトル名にするのはNGです。

なぜなら、検索エンジンに表示された時の文字数には制限があるからです。

検索エンジンに表示される時の文字数は、だいたい30文字~40文字程度と言われています。

Googleの検索エンジンを使って「アフィリエイト」というキーワードで検索した時の例で見ると、以下のように30文字~40文字程度のタイトルが表示されますね。

Googleを使って「アフィリエイト」というキーワードで検索した時の表示例

検索エンジンに表示される文字数よりも多いタイトル名にしてしまうと、文末が「...」となって切れてしまいます。

ただし、検索エンジンによっては表示される文字数に違いがあったり、閲覧するデバイスによっても文字数が変わってきたりします。(PCよりもスマホで表示したほうが文字数が多く表示される)

なので、はっきりとした数字で表すのは難しいのですが、ブログ記事タイトルの適切な文字数は、基本30文字~40文字程度に収めるのが一般的です。

タイトル50文字程度あっても検索エンジンでは認識されている可能性もある

たまに、タイトルが長い記事でも上位表示しているのを見かけます。

これはしっかりと検証しているわけではないので想像の範囲での話になるのですが、検索エンジンが認識できる文字数は実際にもっと多いのかもしれません。(50文字とか)

単に検索エンジンで表示されるタイトル名の文字数が30文字~40文字程度と言われているからだけであって、実際には検索エンジン側でしっかり読み取っているという可能性もあるという話です。

しかし、こればかりは検索エンジンにしかわからないことなので、鵜呑みにはしないでくださいね。

一番は、検索エンジンに表示された時の文字数に当てはめることです。

この文字数に収まり切れないと、何についての記事なのかが検索ユーザーに伝わらない場合があります。

なので、ブログ記事のタイトル文字数は、検索エンジンに表示された時の文字数30文字~40文字程度に収めておくのがベストです。

WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」を入れると、タイトルの文字数をカウントしてくれる

タイトル名を考えながら、毎回文字数を数えるのは結構面倒ですよね?

そんな時は、WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」をインストールしておくと、記事ごとに設定するタイトル名とディスクリプションの文字数を自動的にカウントしてくれるので便利です。

All in One SEO Packでタイトル名とディスクリプションの文字数を自動的にカウント

SEOを意識したブログ記事タイトル名の付け方

SEOを意識した場合、下記の手順でブログ記事のタイトル名を付けていくと、検索エンジンに最適化されたタイトルに仕上がっていきます。

  • 3語のキーワードを選定する
  • メインキーワードから左寄せで2語、3語のキーワードを順々に含ませる
  • 上位ページと被らないタイトル名を考える
  • 自分の記事が上位ページに載った時に一番クリックしたくなるようなタイトル名を考える
  • 各手順をもっと具体的に解説していきたいと思います。

    3語のキーワードを選定する

    書きたいテーマや内容が決まったら、どんなキーワードで上位表示を狙うのかをまず決めていきます。

    決めるのは、これから書こうと思っている記事の内容やテーマに合った

    メインキーワード」+「サブキーワード1」+「サブキーワード2

    の3語のキーワードです。

    この3語のキーワードは、階層ごとに決めていく必要があります。

    3語のキーワード選定方法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

    SEO対策:キーワード選定方法と使えるツール-うまく集客させるためのコツ

    メインキーワードから左寄せで2語、3語のキーワードを順々に含ませる

    3語のキーワードが決まったら、その3つのキーワードをすべて含ませたタイトル名にしていきます。

    例えば、「アフィリエイト+記事+コツ」という3語のキーワードで記事を書く場合は、

  • メインキーワード:アフィリエイト
  • サブキーワード1:記事
  • サブキーワード2:コツ
  • となりますよね。

    これをメインキーワードから左寄せで2語、3語のキーワードを順々に含ませていきます。

    即興で3語のキーワードを使ってタイトルを作ってみますね。

    <タイトル名>

    アフィリエイトで稼ぐための正しい記事の書き方のコツをわかりやすく解説(34文字)

    今、頭で思いついたタイトルをそのまま書いたので、あまりいいタイトル名ではありませんが、一応30文字~40文字程度に収めてみました。

    赤文字になっているのが、3語のキーワードです。

    メインキーワードから2語、3語のキーワードまで、左寄せで順々に並んでいるのが確認できると思います。

    このようにして、3語のキーワードを左寄せで順々に並べていきます。

    3語のキーワードの順番を入れ替えてはダメなの?

    おそらく今の検索エンジンは性能が上がってきてると思うので、どうしてもタイトル名がおかしくなってしまうような場合には、多少の入れ替えなら問題ないと思います。

    スポンサーリンク

    しかし、基本はメインキーワードから2語、3語のキーワードを順々に並べていったほうがいいです。

    なぜなら、タイトルに含まれる左側の文字列ほど重要だと検索エンジンが認識するからです。

    なので、メインキーワードから順に左寄せで並べていったほうが、記事の内容を検索エンジンにうまく認識してもらえるようになります。

    上位ページと被らないタイトル名を考える

    3語のキーワードをうまく並べてタイトル名が出来上がったら、今度は上位ページと被らないように作り変えていきます。

    上位ページとは、3語のキーワードで検索をかけた時に1ページ目に表示される10個のページのことです。

    なぜ被らないようにするのかというと、検索エンジンは、検索結果に多様性を持たせるために、すでにある記事とは別の視点で書かれた記事を上位に上げる傾向にあります。

    なので、上位ページと似たようなタイトルの記事だとそれ以上、上位に食い込める可能性が低くなってしまいます。

    2018年11月時点で、「アフィリエイト 記事 コツ」で検索した時の上位ページのタイトル名は、以下のようになっています。

    <「アフィリエイト 記事 コツ」で検索した時の上位ページのタイトル名>

    1位:【ブログ特化】収益UPするアフィリエイト記事の書き方【実例公開】
    2位:アフィリエイトのやり方5 ~売れる記事の書き方~ | ASPのバリューコマース ...
    3位:もう「書けない」とは言わせない!アフィリエイト記事の書き方やコツを徹底 ...
    4位:思わず読み込んでしまうブログ記事の作り方11のコツ | アフィリエイトJAPAN
    5位:読者の心を鷲掴み!売れるアフィリエイト記事の書き方は? | アフィリエイト ...
    6位:【まとめ】アフィリエイト記事の書き方 ~内容・構成・記事数・文字数~ | 副業 ...
    7位:記事作成のコツをプロ作家から学ぼう!! - ゼロ初心者がアフィリエイトで ...
    8位:毎月100万達成!ブログアフィリエイトの記事の書き方とは?
    9位:アフィリエイト記事の正しい書き方 - アフィリエイト稼ぐ事に成功!
    10位:記事の書き方解説!アフィリエイトで稼ぐためのライティングとは ...

    上位ページのほとんどが、記事の書き方についてのタイトル名が並んでいますが、微妙に視点が違っているのがわかります。

    例えば、同じ記事の書き方でも以下のように細かく分類されているのがわかりますよね。

  • 収益UPする記事の書き方
  • 売れる記事の書き方
  • 思わず読み込んでしまう記事の書き方
  • 読者の心を鷲掴みにする記事の書き方
  • プロ作家から学ぶ記事の書き方
  • このように、どんな記事の書き方なのかを明確にしたり、読んでもらうターゲットを絞り込んだりすることで、同じキーワードでも違う視点のタイトルをいくつでも作り出すことが可能です。

    私がこの上位ページと被らないように記事を書こうと思ったら、以下のようなタイトル名を付けますね。

    <タイトル名>

    アフィリエイトで月10万円稼いだ時に実践していた記事の書き方のコツを公開(36文字)

    今回は、金額にフォーカスしたタイトル名にしてみました。

    自分の記事が上位ページに載った時に一番クリックしたくなるようなタイトル名を考える

    そして、今度は自分の記事が上位ページに載った時を想定して、一番クリックしたくなるようなタイトル名を考えていきます。

    それでは、一番クリックしたくなるようなタイトル名とはどんなものなのか?

    それは、タイトル名に具体性ベネフィットを含んでいるかどうかです。

    具体性とは、具体的な数字を使って明確にすることです。

    例えば、

  • 「短期間」⇒「2週間
  • 「中高年」⇒「40代
  • 「5万円稼いだ」⇒「56,194円稼いだ
  • というように、具体的な数字に変えることで、読者のイメージをより膨らませることができるようになります。

    ベネフィットとは、その記事を読むことで何を得られるのかを明確にすることです。

    例えば、上で紹介した上位ページのタイトル名は、このベネフィットをうまく取り入れていますね。

  • 収益UPする記事の書き方
  • 売れる記事の書き方
  • 思わず読み込んでしまう記事の書き方
  • 読者の心を鷲掴みにする記事の書き方
  • プロ作家から学ぶ記事の書き方
  • どんな記事が書けるようになるのか、そのベネフィットがわかる素晴らしいタイトル名だと思います。

    ということで、以上を踏まえた上で、理想的なタイトル名を私が付けるとしたら、以下のようにすると思います。

    <タイトル名>

    アフィリエイトで月105,834円稼いだ時に実践していた記事の書き方のコツを公開(40文字)

    タイトル名を付ける時にNGとなる事例を紹介

    最後に、タイトル名を付ける時にNGになりそうな事例を紹介していきます。

    タイトル名に記号を含ませる

    文を区切る時に使う「~」や「:」「/」「|」「-」といった記号は、問題なくタイトルに反映されますが、★記号や絵文字は検索エンジンに表示されくなるのでタイトル部分には使わないほうがいいです。

    「~」や「:」「/」「|」「-」といった記号なら、検索エンジンからペナルティーを受けることはないので、使用しても問題はないかと思います。

    タイトル名に同じキーワードを重複使用する

    これは、賛否両論分かれると思います。

    実際に、タイトル名に同じキーワードを2つ入れても上位表示している記事もあるので、間違っているとは一概に言えません。

    しかし、キーワード比率を上げるための重複使用は控えたほうがいいですね。

    ペナルティーを受けてしまってからでは遅いので。

    まとめ

    今回は、SEOを意識したブログ記事タイトルの付け方と適切な文字数について解説していきました。

    ブログ記事のタイトル名は、その記事が何について書いてあるのかを検索エンジンに正確に伝える役割を果すとともに、読者の興味を引き付ける役割も同時に担っています。

    このタイトル名の付け方によって、アクセス数が全然変わってきます。

    なので、適当に付けることなく、しっかりと練ったタイトル名にすべきです。

    タイトル名が決まったら、それについての記事を書いていくようになります。

    ブログ記事の書き方については、下記の記事が参考になります。

    アフィリエイト初心者が稼ぐための商品紹介ブログ記事の書き方

    アフィリエイトブログはどんな内容で記事を書いていくのか?

    関連記事

    最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 応援クリックをいただけると励みになります♪
    人気ブログランキングへ

    -SEO
    -,

    Copyright© アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。